腎臓病は気づかないうちに、着実に進行します。

あなたは腎臓を大切にしていますか?

腎臓病や透析のことで、ひとりで悩んでいませんか?

病気と一緒に戦う仲間はいますか?

image

腎臓病・透析に関する知識や情報、
コミュニティにサポートアプリなど、
元気に生活するためのすべてがここに

じんラボ はじめてガイド

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

以下じんラボについて詳しくご説明します

じんラボとは?

じんラボは透析歴29年の腎臓病患者である宿野部武志を中心に、腎臓病・透析患者さんの「自覚」と「自立」を応援し、知識と情報、つながりの場を提供するウェブサイトです。
病気をよく知り(自覚)、病気と向き合い(自立)、自分が抱える悩みや問題をしっかりと直視するために、共感し互いに支え合う仲間と、身体も心もより豊かに過ごすため情報を発信する研究所(コミュニティ)、それが「じんラボ」です。

じんラボとは

じんラボのサービス

食事管理のコツは?
食生活研究室
患者や専門家によるアドバイスや、おいしく賢く食べるためのヒントがあります。
所長とその家族のリアルな食生活をレポートした「宿野部家の食卓」もお見逃しなく。
腎臓病は治らない?
基礎知識
病気と向き合うための正しい知識と、医療費や社会保障制度、災害時の対応等をお届けします。
仲間の話が聞きたい
研究員のはなし
患者だったり、医療者だったり、腎臓病・透析治療の当事者として関わるじんラボ研究員が等身大で語る体験談です。
仲間とつながりたい
じんラボ しゃべルーム
知りたい、教えたい、伝えたい、お悩み、相談、情報交換等、活発な発言が出来る場・コミュニティです。
日常生活の情報が欲しい
生き活きナビ
経験豊富な患者や家族、医療者が発信する、腎臓病・透析と正しく向き合い、生活の質を上げて元気に日常生活を送るための役立つ情報です。
旅行はできる?
じんラボ所長室
所長の宿野部が全国の透析施設をめぐり、体当たりレポートをしています。
自己管理はできている?
とうせきくん
(webアプリケーション)
透析がうまくいっているか、水分や塩分のコントロールができているか、健康の状態、合併症の心配がないかどうかなど、自分の透析をかんたんに管理・観察できる便利ツールです。

じんラボを見てみる

じんラボの仲間たち

アスペクト比Pアスペクト比P

中国地方に住むオタク系透析患者。 20歳の時にIgA腎症と診断され、27歳の時に透析導入。仕事と透析に趣味に透析患者会のお手伝いと走り回っています。患者さんとそのご家族に役立つちょっとした情報を発信しています。

オルカオルカ

「ピアサポーター養成講座」の講師、オルカさん。小学生時代から念願のカウンセリングルームOruka’s roomを開設するまでを、包み隠さず語った体験談を連載しています。

びょんびょん

最年少研究員の びょん さん。先天性ネフローゼ症候群からの腹膜透析、母からの生体腎移植、左腎摘出を経て、透析女子のリアルな日常を伝えています。

横山真三横山真三

26歳で透析導入となり、縁あって透析室の看護師さんと結婚。妻からの腎臓提供の申し出を受け入れてから「夫婦間生体腎移植」へ踏切り、今現在までのお話です。

とっぺいとっぺい

透析歴13年の透析患者です。透析文化の可能性を探りながら、QOP(患者の質)をキーワードに社会の縮図である透析患者の世界で生きることについて考えています。

宮本 研宮本 研

民間病院の透析医と製薬・ヘルスケア関連のコンサルタントを兼務している宮本先生。一人の透析医としてのやさしいまなざしをご覧ください。

りんごりんご

透析の患者さんと呼吸器疾患の患者さんの多い病棟に勤務していた看護師です。患者さんとのふれあいの中での出来事などを紹介しています。

ゆうぼーゆうぼー

理学療法士として、運動による腎機能への影響と運動の必要性という観点から、運動療法とその効果や運動方法を発信しています。

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座

所長所長

全国の透析施設で実際に治療を受けてみたり、より良い透析施設のあり方を医療者と患者がともに考える機会を作ったり、患者という立場から医療の進歩に貢献するために日々奔走しています!

他にもたくさんの仲間があなたを待っています

じんラボを見てみる

じんラボはウェブサイトだけではありません。
実際に参加・体験できるサービスも。


ピアサポート

治療や生活の不安、苦痛や苦労を少しでも軽くしたい。共感して寄り添うチカラを養い、患者同士がお互いを支え合う場を通じて前向きな気持ちになれる仲間を増やしたい。 とにかくみんなでワクワクしたい、という想いからピアサポート活動を行なっています。

ピアサポートについて詳しく見る
 「話を聴いてもらうこと、話を聴くこと」

ピアサポート


勉強会・各種イベント

運動療法や透析導入の心得を学ぶ勉強会、会員交流イベント等開催しています。

理学療法士ゆうぼーの毎日できる生き活き体操!

所長からのメッセージ

私は3歳のとき腎臓病に罹りました。そして18歳から現在まで29年間透析をしています。
慢性腎臓病(CKD)患者は国内に1,330万人いると言われており、患っていても自覚症状がでにくい臓器なだけに、多くの方が放置をしています。
私は腎臓病の辛さ、苦しさを知っています。だからこそ私は一人でも多くの腎臓病患者を救いたい!と心から本気で思っています。腎臓病で悩み苦しむ方を一人でも減らしたいと。
自身の体験と想いから生まれたのがこの「じんラボ」です。
腎臓がちょっと気がかりの方、検査で指摘を受けられた方等、多くの方にとってじんラボが悩みや辛さを減らす一助になれば本当に嬉しいです。

じんラボの仲間になろう

会員特典(会員登録は無料!)

会員コミュニティ「じんラボ しゃべルーム」に参加できます

メールマガジンが届きます

勉強会やイベントに参加できます

透析管理アプリ「とうせきくん」が利用できます

運営主体 株式会社ペイシェントフッド

株式会社ペイシェントフッド

株式会社ペイシェントフッドでは、代表の宿野部武志が長きにわたり患者として生きてきた体験と想い、そして知恵と発想を活かし、患者が前向きに病気と向き合い、治療に取り組むことで社会参加できる社会を目指し、さまざまなサービスを展開しています。

PAGE TOP