じんラボを応援する!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

CKDに伴う骨ミネラル代謝異常

別名:慢性腎臓病に伴う骨ミネラル代謝異常

略号:CKD-MBD

腎臓は、ミネラル代謝調節に大きな役割を果たしています。CKDの進行にともなって起こるミネラル代謝異常を現す全身性疾患を、CKD(慢性腎臓病)に伴う骨ミネラル代謝異常(CKD-MBD)と言います。

血中のカルシウムとリンは相互にコントロールし合っています。カルシウムの濃度は副甲状腺ホルモン(PTH)と活性型ビタミンDによりコントロールされています。腎臓の機能が低下すると、この相互関係がうまく機能しなくなり、PTHが過剰に分泌され骨が溶け骨折しやすくなったり、骨や関節が痛くなったりします。PTHの過剰分泌によって骨から溶け出したカルシウムがリンと一緒になって血液の壁に付着し、血管の石灰化を引き起こします。血管の石灰化は心血管系合併症の原因にもなり、生命予後に影響を及ぼします。

CKD-MBDの基本的な管理は、まずは血清リン、血清カルシウム濃度、血清アルブミンを定期的に検査し、リンと補正カルシウム濃度、PTHの一種であるIntact PTHを目標値に管理します。

関連記事

食事療法

2013.04.01

文:じんラボスタッフ

病気の段階と治療

2013.04.01

文:じんラボスタッフ

関連用語

キーワード検索

50音で探す


アルファベットで探す

  • Z