じんラボを応援する!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

β2-ミクログロブリン

別名:β2ミクログロブリン

略号:β2MG

長い間透析をしている患者さんに頻発する血液透析固有の合併症に透析アミロイドーシスがあります。β2-ミクログロブリンが排泄されなくなって血中に溜まり、やがて骨や関節に沈着することによって痛みとともに機能障害を起こす治療が難しい合併症です。

長期透析患者さん以外に透析開始時の年齢が高い患者さん、純度の低い透析液や体への適合性の低い透析膜を使っての透析で発症のリスクが高いといわれています。この合併症の原因物質のβ2-ミクログロブリンをなるべく透析で取り除くことが基本的な予防方法となります。日本透析医学会の統計調査報告では透析前のβ2-ミクログロブリンの値が高いほど生命予後が悪いことがわかっています。

β2-ミクログロブリンとは99個のアミノ酸からなる、血液の中にある蛋白質の一種です。細胞が壊れると血中の濃度が上昇します。糸球体で濾過された後、主として近位尿細管でその99.9%が再吸収され残りが尿中に排泄されます。腎臓の尿細管に障害があると再吸収できないため尿中の濃度が上がります。

関連記事

透析患者さんの検査

2013.04.01

文:じんラボスタッフ

透析療法でのさまざまな合併症

2013.04.01

文:じんラボスタッフ

関連用語

キーワード検索

50音で探す


アルファベットで探す

  • Z