じんラボを応援する!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

糸球体

別名:

略号:

腎臓の皮質にある、たくさんの細小血管が集まって糸を丸めて球状にしたような器官です。腎臓の濾過機能をつかさどり、1個の腎臓に約100万個存在します。糸球体はボーマン嚢という袋でおおわれており、このユニットを腎小体と言います。さらに腎小体と尿細管からなるユニットをネフロンと言います。

糸球体の細小血管にはごく小さな孔があり、濾過機能があります。血中の不用な水分・塩分・糖や老廃物などを不必要なものと、必要なものを濾し分けて、必要なものは再吸収されて血液に戻り、不必要なものを尿として排泄することで血液を正常化しています。

腎臓が機能しなくなってしまうと、血液の老廃物を濾過することができなくなるので、その代わりとして透析療法、腎臓移植などの腎代替療法を行います。

関連記事

透析患者さんの検査

2013.04.01

文:じんラボスタッフ

腎臓のはたらき

2013.04.01

文:じんラボスタッフ

関連用語

キーワード検索

50音で探す


アルファベットで探す

  • Z