じんラボ ファンキー館 OPEN!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

マタ・タビ 〜また、旅がしたいから、
看護師やめて旅してみました〜

第5回

2015.2.5

緑の文字の用語をクリックすると用語解説ページに移動するよ。

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

「日々精進なのですっ☆」の最終回「旅立ちの時なのですっ!」で、ボランティアのためアイスランドへ行くと宣言されたりんごさん。
看護師の仕事を少し離れるという転機は「山」にあったのでしょうか?
そして医療の世界から少し離れて、異国の地で何を思うのでしょうか?
りんごさんのココロの中のヒトコマを、日本の山々やアイスランドの大自然の写真とともにお届けします。


【2014年9月22日】

9月22日月曜日 曇りのち晴れのち曇り
レイキャビクメインストリート。
今夜フィヨルド村で暮らしたボランティアメンバーとはお別れ。みんな今の一瞬を大切に生きた仲間。どんな状況だろうと、この人たちを尊敬して毎日過ごせた日々を忘れない!
毎日が新鮮だった!

パスポートなくした人がいたり、朝から飲みすぎて具合の悪い人がいたり、寒すぎて寝込んだ人がいたり(笑)
レイキャビクのメインストリートで飲み疲れた夜は寒さを忘れて星をみた。
もう「私は何をしているんだろう」って思わなくなった。
四時間以上眠れるようになり、働かないとそわそわしたり、何かしてないと罪悪感に駆られたり、そういうのが一切なくなった。
ホストマザーに心配されたとおり、仕事が好き過ぎてすこしおかしかったのかもしれない。 私はただ毎日を精一杯生きている。
仕事してないけど、誰かの役にはたっていないけど、生産的ではないのだけれど、大切な友達と幸せな時間をただ生きている。
こんな幸せって、あるんだなぁ。
わかんなかったよ。
毎日働かないと、認められなくて辛い人生だって決めつけていたよ。
私は「私のままでいるだけでも十分大丈夫なんだ」と思った。
と同時に、大好きな人やものやことがブワッと増えた。

明日からはいよいよ都会的な? 生活が始まる。

と、その前に、アイスランドゴールデンサークルツアーの模様を。 人の手で積み上げた小さなストゥーパ(仏舎利)のような石が一面に広がる平原。ヨーロッパ大陸とアメリカ大陸のプレートが地下からググッと持ち上がってきている大地の裂け目(水が溜まって湖となっています)。

クリスタルガイザーというミネラルウォーターの語源となった、ゲイザー(間欠泉)。火口に水が溜まったカルデラ湖。
すべてがパワースポットらしいのですが、ぐぅたらしていた私は半分くらい寝て回りました(笑)

そんなゆるい感じでもゆるされるアイスランド。
曇っててイマイチな天気にもかかわらず、かなり癒されましたぁ。

◀前の はなし  次の はなし▶

こんな体験談が読みたい、私も体験談を書きたいなど、「研究員のはなし」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

りんご

りんご

腎臓代謝内科に約7年半勤務し、3交代の勤務体制で働いていた看護師です。
ある患者さんとの出会いをきっかけに、このまま看護師だけを続けて生きていくことに疑問を感じました。患者さんの言葉に導かれて一旦仕事をやめ、海外へ出てみることになった私の、見たもの、感じたものをこぼさず書き留めます。
私の人生を変えることになると思われるこの日々を、どこに着地するかもわからないこの旅路を、素敵な画像とともにお楽しみください!
また、大好きな登山の写真も時々載せますのでそちらもお楽しみください!