[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

生き活きナビ(サポート情報)

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第3回

2013.5.21

文:ゆうぼー

緑の文字の用語をクリックすると用語解説ページに移動するよ。

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

第1回では「下半身の運動」でしたので、今回は「体幹編」をご紹介します。
その前に・・・まず、「体幹筋」とは何かを説明したいと思います。
実は、体幹筋と言う名前の筋肉が存在する訳ではなく、体幹に属する筋肉の総称を表します。体幹筋は前体幹筋と後体幹筋があり、「前体幹筋」には腹直筋・腹横筋・腹斜筋・大胸筋、「後体幹筋」には広背筋・脊柱起立筋・僧帽筋があります。

なぜ「体幹筋」を鍛えることが大切か?
体幹は、全身の中枢部(中央)に位置します。ここが弱っていると、中枢の固定が出来ていないことになるので、円背(猫背姿勢)になったり、歩行時にフラフラしてバランスも悪くなります。イメージとしては、支柱のしっかりしていない建物のような感じになってしまいます。
★脊柱が変形している方や腰痛症の方は、無理に運動すると悪化させてしまう危険性があるのでくれぐれも注意して行って下さい。


体幹編


1. 座位での運動

①手を目の高さまで上げます。
②腕を前方に突き出し、背もたれから背中を離していきます。
座位での運動
座位での運動

2. 側臥位での腰上げ運動

①写真のような姿勢をとります。
②腰を上げます。
側臥位での腰上げ運動
側臥位での腰上げ運動

3. 四つ這いでの運動

①写真のような姿勢をとります。
②膝を浮かせ、腰を高く上げます。
四つ這いでの運動
四つ這いでの運動
③足を上げます。
四つ這いでの運動
★まずは②まで行い、余裕がある方は③まで実施して下さい。

4. 腹筋運動

以下、三種類の腹筋を紹介します。①〜③まで負荷順で①=弱、②=中、③=強となっています。
ご自身に合った強度で行いましょう!!

腹筋運動
腹筋運動
腹筋運動
腹筋運動
腹筋運動
腹筋運動

以上が体幹編になりますが、それぞれの運動を15〜20回を目安に実施して下さい。
尚、各運動の間には必ず休憩を入れ、体調に合わせて行いましょう。
第一回でもお伝えしましたが、体調を管理する上で血圧は重要な指標となります。よって、ご自分の血圧を定期的に測定し、変動が大きい場合はかかりつけの医師に相談して下さい。

運動は無理をしてまで行う必要はありません。体調の整った時に実施し、出来るだけ継続して行うようにしましょう!!
ゆうぼー

ゆうぼー
本名:舘野雄貴
茨城県古河市出身、東京都世田谷区在住。杏林大学卒業。
趣味:空手、読書。
略歴:児童養護施設・総合病院・老人保健施設を渡り、現在は医療法人社団麗星会 品川・五反田ガーデンクリニックの理学療法科長として、透析患者さんへのリハビリを行っています。

ゆうぼー の記事一覧

こんな情報が知りたい、私も何か記事を書きたいなど、「生き活きナビ」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

緑の文字の用語はオンマウスで用語解説が見れるよ。クリックするとさらに詳しい用語解説ページに移動するよ。

生き活きナビ内検索