じんラボ ファンキー館 OPEN!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

生き活きナビ(サポート情報)

チーム☆スカイの仲間が誕生しました!

2014.7.24

文:カオリ

緑の文字の用語をクリックすると用語解説ページに移動するよ。

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

先日、「聴くチカラを学ぼう」腎臓病・透析患者 ピアサポーター養成講座が終了し、5名のチーム☆スカイの仲間が誕生しました!

イメージ

梅雨時期の天候も不安定な中、全3回の講座に意欲的にご参加いただいた志が高く心強い皆さんです。
残念ながら全ての回には参加できなかった3名を含め、8名の方が本講座に参加されました。同じ腎臓病・透析患者だからこその想い「ひとりでも悩む仲間をなくしたい」「前向きに、生きがい・やりがいを持って生活してほしい」から、本講座に参加していただいたことはとても嬉しく、感動しました。


今回の講座内容のご紹介

本講座は心理カウンセラーでOruka's room外部サイトへ代表の大迫薫さんにご指導いただきました。


第1回は、「ピアサポート」とは何かを共有するところから始まり、「傾聴」の基本理論について学びました。
講座の後半はエクササイズ。聴き手と話し手の二人一組になり、交代しながら実践で「傾聴」を体験します。初対面同志の演習にはじめは緊張を隠せない様子でしたが、エクササイズが終了する頃には和やかで心地よい雰囲気へと変わっていました。

第1回イメージ
第1回イメージ

第2回は、「自分を知る」がメインテーマです。
仲間を支えるためには、まず自分自身がどういうタイプなのか分析し知る必要があります。なかなか難しい講義でしたが皆さん真剣に取り組まれ、自分の意外な一面を発見された方もいらしたようです。
講義の後はエクササイズ。第1回で学習したことを活かしながら、うなずきや相づち、相手の感情への応答、話の要点を返すなど「傾聴」の基本技法を繰り返し演習しました。ピアサポートを習得するには実際に対面式のトレーニングをすることが重要です。

第2回イメージ
第2回イメージ

そして最終回である第3回。第1・2回は手狭でエレベーターなし4階のじんラボの事務所で行い、車いすの参加者の方にご負担をおかけしていましたが、五反田ガーデンクリニック外部サイトへ様のご厚意でクリニックのリハビリ室を会場としてお借りしました。

五反田ガーデンクリニック

はじめに、ピアサポーターとして守るべきこと「チーム☆スカイの約束」を共有しました。その後はひたすらエクササイズです。受講者の中から2名が相談者と相談を受ける聴き手となり、実際に対話を行う模擬練習を行いました。「傾聴」の姿勢である「相手への共感」を大切にして、相談者の悩みを聴く練習です。この様子を他の受講者で観察し、相手の感情に応答できているか、話の要点を返すことができているかなどを確認しながらスキルを身につけていきます。
既に参加者のキャラクターもお互いにわかっているので、エクササイズは和やかに進みました。

第3回イメージ
第3回イメージ

受講者の皆さんご自身がこれからピアサポートをしていく場合に置き換えて演習を観察していたため、さまざまな質問が飛び出しました。
意識と熱意の高いエクササイズですっかり時間をオーバーしましたが、全講座を無事終了、最後は修了証の授与式です。皆さん充足感を得た顔をされていました。

修了証

修了証の授与式
修了証の授与式

その後は懇親会。受講者全員にご参加いただき、和気あいあいと楽しい時間が過ぎていきました。
同じ学びを分かち合ったサポーター同士がざっくばらんに話ができるこの懇親会も、ある種のピアサポートかもしれません。


ピアサポート活動の広がりを支え続けます

初めての「ピアサポーター養成講座」を開催してみて強く感じたことは、「ピアサポート」の必要性、スキルを学ぶことの重要性、そしてピアサポーター実践の「場」を作っていくことが不可欠だということです。

受講を考えられている方の中には「私にもできるだろうか」と心配されている方もいるかと思います。
また、演習と実践では当然勝手が違うので、1回の講座受講だけでは実際の活動に不安を覚えるのも無理はありません。

そこでじんラボでは、受講後も引き続き「心理カウンセラー×透析患者」の大迫さんと「ソーシャルワーカー(社会福祉士)×透析患者」のじんラボ所長の宿野部がピアサポーターの育成を支え、チーム☆スカイとして患者同士仲間を支え合っていく仕組み、ピアサポート活動の「場」を作っていきます。

題して、じんラボ主催のピアサポート活動「じんサポ(じんラボの心のサポート)」

患者同士がゆったりとした雰囲気のなかで、不安や悩みを打ち明けあいながらともに考えていく場、それが「じんサポ」です。
本年秋頃の開催を目途に企画中です。

「ピアサポーター」に興味のある方、「悩みを聴いてほしい」と思っている方に是非ご参加いただき、

「悩んでいる仲間と共感し、寄り添い、気づきを与え、支え合う」

というチーム☆スカイの活動の輪と仲間を少しずつでも広げていきたいと思います。

もちろん講座も引き続き開催していく予定です。

腎臓病・透析患者の皆さん、興味を持たれた方は是非このチーム☆スカイの仲間になって、この輪を広げていきませんか?

※個別の返信は行っておりません。

カオリ

カオリ
所長のツマであり、宿野部家取り仕切り役。 東京都世田谷区出身。 浅間山荘事件が起こり、ちあきなおみの「喝采」がレコード大賞を取った年に生まれる。 現在は、所長と共に「じんラボ」に取り組む毎日。 ビールと日本酒をこよなく愛し、ストレス発散はカラオケで熱唱。 最大にして最強のミッションは、「じんラボ」をNo.1腎臓病ポータルサイトに育てること! みなさま、どうぞお見知りおきを・・・<(_ _)>。

カオリ の記事一覧

こんな情報が知りたい、私も何か記事を書きたいなど、「生き活きナビ」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

PR

ぼやいてみる

緑の文字の用語はオンマウスで用語解説が見れるよ。クリックするとさらに詳しい用語解説ページに移動するよ。

生き活きナビ内検索