[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

生き活きナビ(サポート情報)

第2回「聴くチカラを学ぼう 腎臓病・透析患者
ピアサポーター養成講座」開催レポート

2014.11.27

文:よしいなをき

緑の文字の用語をクリックすると用語解説ページに移動するよ。

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

今年(2014年)6月に開催し好評いただいた「聴くチカラを学ぼう 腎臓病・透析患者 ピアサポーター養成講座」の2回目を、11月9日、16日の2週に渡り開催しました。

イメージ
イメージ

前回同様、講師はOruka's room外部サイトへ代表で心理カウンセラーの大迫薫さんです。会場は五反田ガーデンクリニック外部サイトへ様のご厚意でリハビリ室をお借りしました。


1日目

じんラボ所長の挨拶と、ピアサポートは何かを振り返るところから講座はスタートです。その後は"聴くチカラ"である「傾聴」について、その目的や基本的な知識を学びました。開始直後で受講者の皆さんは少し緊張した面持ちでした。

「傾聴」について、本質的なところまで踏み込んで大迫さんに解説いただきました。優しく丁寧で分かりやすい説明を聞き漏らさないようにと、皆さん真剣な表情でメモを取られていました。


お昼の和気あいあいと話しながらの「ランチ懇親会」で気持ちもほぐれたところで、午後からの傾聴エクササイズに臨みます。

初めての傾聴エクササイズ(演習)に受講者の皆さんは少し緊張した様子でしたが、「ランチ懇親会で楽しく話したように、リラックスした感じで話せば大丈夫! 」と大迫さんからの声をかけ以降、賑やかで楽しそうな雰囲気に変わりました。

受講者同士ペアとなって、話を聴く際にいろいろな態度をとってみるエクササイズです。

まずは、話し手に対して聞き手はあえてそっけない態度をとってみます。
この場合は話し手も聞き手も辛いと感じます。

イメージ

次に、聞き手はしっかりと聴くという態度を示します。 この場合は、双方対話が楽しくなり笑みもこぼれます。

イメージ

和やかな雰囲気の中テンポよくエクササイズが進み、1日目はあっという間に終了しました。


2日目

「まずは自分を知ろう! 」という心理テストからスタートしました。他の人の話を受け止めるには、まず自分の性格を知ることが大切です。

イメージ

心理テストの結果を見て、受講者の皆さんからは、 「(自分の性格について)思った通りの結果が出て驚いた」 「自分の気が付かなかった性格を知ることができた」 などの感想が挙げられました。


ランチ後の賑やかな雰囲気の中、大迫さんから「これはちょっとしたゲームです」と、受講者の半分にプリントが配られました。
これは相手の説明から、どのようなことを伝えたいのかを汲み取るエクササイズです。

プリントには単純な"ある絵"が描かれています。ゲームはペアで一方が絵の説明を行い、もう一方が説明に従ってその絵を描くというものです。

説明する側の方から声が上がります。

「うわぁ、これはどこから説明したら良いんだろう! 」

描く側も「これで良いのかなぁ? 」と笑みをこぼしつつ不安そうに描いていきます。

すんなりとうまく描けた人や微妙に違っている人もいましたが、このゲームで相手の伝えたいことを汲み取ろうとする受講者全員の心構えを知ることができました。


その後は実践的な傾聴エクササイズを行いました。
3人1組で、1人は話し手、1人は聴き手になり、残りの1人は「影」の役となって話し手と聴き手の様子を観察します。

「影」役の人は、チェックシートを用いて聴き手(左側)の傾聴スタイルをチェックします。

イメージ

私よしいなをき(右側)も参加し、チェックしてもらいました。

イメージ

話し手、聴き手、「影」の役を交代しながら全員が演習を行いました。このように第三者から見てもらうことで、自分の聴き方のスタイルや癖を理解することができます。

実際に参加した受講者からは、 「自分の場合、(相手への)伝え返しが少ないことがわかった」 「今までは相手の相談にどう答えるかを考えていたが、相手の話に集中して聴かなくてはと思うようになった」 などの感想が挙がりました。

ちなみに、私は「相手の話を聴きながら、わずかだがペンをいじる癖がある」と指摘されました。話をきちんと聴くためには手を膝の上にしっかりと置いて、聴く姿勢を相手にきちんと示さなくてはいけないと感じました。


チーム☆スカイの新メンバー誕生!

2日間の研修を終えて、新たに3名の受講者が修了証を手にされました。新しいチーム☆スカイのメンバーの誕生です。

イメージ
イメージ
イメージ

イメージ

今回の養成講座で、チーム☆スカイのメンバーは全部で8名となりました。
チーム☆スカイのメンバーが増え、ピアサポートやそのスキルを継続して磨き続ける重要性を強く感じました。

講師の大迫さんは、「同じ気持ちになれるから私たちは支え合うことができる」と語っています。同じ体験や気持ちを持つ多くの方々に、この「場」に参加していただけたらと思っています。

じんラボではこれからも継続してこの「ピアサポーター養成講座」と、講座での学びを実践する場である“じんラボの心のサポート”「じんサポ」を開催します。
あなたも是非チーム☆スカイのメンバーとなって、同じ体験を持つ者が集い、学び合い、支え合う場を一緒に作っていきませんか?

よしいなをき

よしいなをき
透析歴7年になります。透析はしていますが普段はスポーツ自転車に乗って 体を鍛えています。 仕事は、平凡なサラリーマンですが、透析の時間を利用して、ブログを書いたり、小説を書いたりしています。透析は月、水、金の夜間にしているので、その時間にメッセージや、 コメントなど頂けるとうれしいです。

よしいなをき の記事一覧

こんな情報が知りたい、私も何か記事を書きたいなど、「生き活きナビ」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

緑の文字の用語はオンマウスで用語解説が見れるよ。クリックするとさらに詳しい用語解説ページに移動するよ。

生き活きナビ内検索