[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

生き活きナビ(サポート情報)

腎臓病・透析患者ピアサポート活動「じんサポ」特別企画・ランチ懇親会を開催!

2015.2.19

文:よしいなをき

緑の文字の用語をクリックすると用語解説ページに移動するよ。

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

「悩んでいる仲間と共感し、寄り添い、気づきを与え、支え合う」活動、じんラボ心のサポート「じんサポ」の第2回を2月8日の日曜日に開催しました。「じんサポ」はゆったりとした雰囲気で、不安や悩みをざっくばらんにお話しながら共に考える場を目指しています。今回の特別企画としてランチを食べながらの懇親会は、正にそうした場を実現するイベントとなりました。

会場は東京品川のとあるレストラン。個室を備え、水と緑をテーマとしたモダンで落ち着きのある空間を演出しています。シェフ自慢の創作料理を食べながら、仲間同士の楽しい時間を共有しました。

今回は“これからチーム☆スカイのメンバーになるかもしれない”5人の参加者を迎え、じんラボからは所長、カオリさん、私よしいの3名、チーム☆スカイからは養成講座講師のオルカさんを筆頭にIzumiya11さん、梅ちゃんさん、スヌーピーさん、ミッキーさん、うりさんの6名の合計14名が集まりました。

皆さん期待に胸ふくらませていただいていたのか、定刻よりも早く集まりました(住まいが会場に一番近い私は店の外でしばらく皆さんを待っていたため少し遅刻しましたが…)。

まずは所長より懇親会を始めるにあたっての挨拶がありました。

所長挨拶

続いてスパークリングワインやお好みのソフトドリンクでの乾杯です。

乾杯
乾杯

和やかな雰囲気でグラスを合わせ、心地の良い音が響きました。

その後は料理が運ばれるのを待ちながら、一人一人の自己紹介をします。患者同士ということもあり、自然にご自身の腎臓病や透析と向き合ってきた体験、それぞれがどのように病気であることを受け入れ、その困難を乗り越えてきたかが語られました。そして、趣味や旅行、患者会での活動などを通じて、今は元気に明るく生活していることが話の結びでした。

初めて参加された方の中にはるばる新潟からお越しの方がいました。この方は多発性嚢胞腎を患われたとのことですが、偶然にお隣の席の方も同じ多発性嚢胞腎、お二人とも嚢胞がお腹の中で大きくなって切除したことを話してくれました。私は多発性嚢胞腎の話を直接聞くのは初めてのことでしたので、同じ腎臓病でもさまざまな症状があることを知りました。

食事は、最初にオードブル、次にサラダとスープ、そして魚料理(お一人は魚アレルギーがあるため肉料理に代えていただきました)、チキンとトマトのパスタ、最後はデザートのコース料理でした。お店にお願いして全ての料理を減塩で作ってもらい、翌日がちょうど血液検査があるという何人かの方から減塩料理で助かったとの声がありました。そこから血液検査の回数の話となり、「うちは前検査だけなら毎週ある」とか「前後の検査は月に1回」、「月に2回の検査が共に前後だ」といった話から、透析施設ごとの検査の違いを知ることになりました。こうした細かな情報は、直接お会いしなければなかなか気がつかないことかもしれません。

最初に運ばれてきたオードブル最初に運ばれてきたオードブル

ゆったりとした雰囲気の中で美味しい料理を味わいます。さすがに創作料理が自慢のシェフが手がけた料理です。減塩でありながら深みのある味を楽しめました。

いつしか話しやすい幾つかのグループができて、お互いに会話を楽しみました。お店の雰囲気や料理も良かったからか、病気での体験よりも、普段の生活のこと、趣味のこと、旅行などを楽しんだといった話題の方が多かったです。

私は何かの話のネタになればと思い、自分が書いたじんラボの原稿のプリントアウトを持参し、皆さんが談笑中に回覧して読んでいただきました。参加者の中には患者会の活動で文章を書かれている人もいて、「定期的にまとまった文章を書くのは大変ですね」といった話や、普段読む本の話をしました。

第2回のピアサポーター養成講座でチーム☆スカイのメンバーとなられたIzumiya11さんが、私の文章の感想を言いたいとおっしゃってくださいました。

「よしいさんの文章はシンプルで読みやすいね。それに心に残る。…実は私も以前、劇団を作って戯曲を書いていたことがあるんですよ」

Izumiya11さんは静岡からおいででしたが、以前は御殿場の劇場で舞台に立たれたそうです。実は私も大学時代は静岡の三島市に住んでいました。私も「(三島の)山々や(沼津の)海の風景が自分の文章の原体験なのです! 」と語りました(少し酔っていたのかも…)。

今回が初めましての方もにこやかな雰囲気で、イベントを楽しんでいただけたようです。3時間があっという間に感じるくらい楽しいイベントになりました。最後は記念撮影です。

記念撮影


じんラボでは、このような腎臓病・透析患者ピアサポート活動「じんサポ」を引き続き開催します。
開催が決まり次第、会員の皆さまへ送信しているメールマガジン「所長通信」やじんラボのフェイスブックページ外部サイトへで告知いたします。興味のある方はぜひ参加をご検討ください。
また、6月頃に第3回ピアサポーター養成講座を開催する予定です。今回初めて参加された方々とは、養成講座でまたお会いできたらと思います(皆さん、ぜひご参加ください! )。

※個別の返信は行っておりません。

よしいなをき

よしいなをき
透析歴7年になります。透析はしていますが普段はスポーツ自転車に乗って 体を鍛えています。 仕事は、平凡なサラリーマンですが、透析の時間を利用して、ブログを書いたり、小説を書いたりしています。透析は月、水、金の夜間にしているので、その時間にメッセージや、 コメントなど頂けるとうれしいです。

よしいなをき の記事一覧

こんな情報が知りたい、私も何か記事を書きたいなど、「生き活きナビ」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

PR

ぼやいてみる

緑の文字の用語はオンマウスで用語解説が見れるよ。クリックするとさらに詳しい用語解説ページに移動するよ。

生き活きナビ内検索