じんラボ ファンキー館 OPEN!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

じんラボ所長室

透析したら人生を楽しめないって誰が決めたの?
じんラボ ファンキー館 始動!

2017.9.4

文:山川晃代

ファンキー透析ライフ!

この度「じんラボ ファンキー館」オープンにあたり、編集長である山川晃代さんに自己紹介を兼ねた皆さまへのご挨拶をいただきました。

山川さんと出逢い、じんラボの別館として「じんラボ ファンキー館」を一緒に盛り上げていくことになり、とても嬉しくワクワクしています。

時にまじめに、時にファンキーに。
腎臓病・透析患者の皆さんに役立つ情報をお届けするとともに、楽しく笑顔になってもらえるような面白い企画も共に考え、発信していきます。
本館共々どうぞよろしくお願いいたします!

所長

はじめまして、山川晃代です。2017年の3月末に「ファンキー透析ライフ!」というWEBマガジンをオープンさせました。「透析患者になっちゃったけれど、人生を楽しみ尽くしたい!」と考える透析患者さんとその家族に向けた、生活情報エンタメ系WEBマガジンです。

その「ファンキー透析ライフ!」が「じんラボ」所長の宿野部さんの目に止まってお声がけいただき、お会いしていろいろとお話しするうちに「じんラボ」と「ファンキー透析ライフ!」の基本的なスタンスが完全に一致しているということがわかりました。

志を同じくしているのであれば一緒に活動をした方が楽しい。そう宿野部さんにお誘いいただき、2017年の9月から「ファンキー透析ライフ!」はじんラボ内WEBマガジン、「じんラボ ファンキー館」として生まれ変わることになりました。


少し自己紹介しますと、私は透析患者の家族です。日頃は一般的なWEBマガジンや雑誌でライターや編集者をしたり、広告を作ったりという仕事をしています。

18歳のときに祖母が透析患者になりました。なぜか祖母の初めての栄養指導に高校生の私が同席して祖母の食事を準備するなどと、透析に関しては比較的身近に感じながら過ごしてきました。透析患者の家族歴は今年で21年目です。私自身も少し腎臓に不安を抱えている身でもあります。

夫は慢性糸球体腎炎(IgA腎症)から結婚前に透析導入になりました。今年で透析13年目です。急に体調が悪化することはありますが、比較的元気で運動や海外出張なども行なっています。

今のところ「じんラボ ファンキー館」には、私のほかにライターがもう1人います。彼は西村さんという2型糖尿病からの透析患者で、彼は現在透析3年目です。そんな私達が、グルメ&食事、健康&美容、家族&恋愛&人間関係、旅行&レジャー、エンタメ、仕事&お金、知識&ニュース、コラムの8カテゴリーの記事をお送りしています。

具体的には、以下のような記事を掲載しています。

お読みいただけばわかると思いますが、私は透析に関して何かすごい知識を持っているわけではなく、単なる患者の家族でしかありません。西村さんも透析3年目の単なる会社員兼透析患者です。


読んでくださる方々と同じ透析患者や透析患者の家族の視点で、悩み、考え、調べ、他の透析患者さんやその家族、医療従事者の方々などに相談しながら「じんラボ ファンキー館」を運営していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

※個別の返信は行っておりません。

山川晃代

山川晃代
じんラボ ファンキー館」の編集・執筆を担当しています。
「透析患者になっちゃったけれど、人生を楽しみ尽くしたい! うまいご飯も食べたいし、仕事も旅行も恋愛もしたい。時には悩みを透析患者仲間や、透析患者がいる家族と一緒に考えたい」。そんな思いを抱える透析患者とその家族に向けた記事を書いていきます!

山川晃代 の記事一覧

こんな情報が知りたい、その他ご要望など、「じんラボ所長室」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

PR

ぼやいてみる

全国透析施設めぐりの旅

医療者と患者 共に幸せな透析施設を考える

その他のじんラボ所長室