[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

じんラボ所長、宿野部武志の過去ブログ

2013.3.31

じんラボ所長の宿野部武志は起業する前の2007年2月18日から現在まで、7年に渡りアメーバブログで『腎臓病・透析に関わるすべての人の幸せのために外部サイトへ』を書き続けています。
私、よしいなをきは2012年、偶然このブログを読んで「なんて自分と同じような経験をしている人がいるのだろう」と驚くと共に、是非とも会いたいという衝動にかられました(実際に会ったのは2012年7月14日でした「ひたすら話す透析患者外部サイトへ」)。そして現在では「じんラボ特別研究員」を務めるに至っています。

このブログは社会福祉士の資格を取得すべく勉強を始め、起業し、紆余曲折を経てじんラボを立ち上げ現在に至るまで、つまり宿野部武志がじんラボ所長になるまでの足跡が記された貴重な記録です(と、私、よしいなをきは思っています)。
所長の書く文章はシンプルな言葉でありながら彼の優しさや意思の強さが伝わります。同時に、透析患者さんのために役立ちたい、という彼の強い想いが込められた文章だと感じました。

「じんラボ」から所長を知った方にも、「宿野部武志」がどんな想いをもつ人間なのか、当時のキモチ、言葉のままを知ってもらいたい、という私の想いから記事をセレクトして「じんラボ」に再掲することにしました。

既にブログを読んだことがある方にも楽しんでいただけるよう、所長がその時の気持ちや状況をふりかえり、新たなひとことを書き加えています。
これは所長個人の過去ブログでありながら、実は「じんラボ」や株式会社ペイシェントフッドの誕生物語でもあります。
是非、ご一読ください!

全国透析施設めぐりの旅

医療者と患者 共に幸せな透析施設を考える

その他のじんラボ所長室