[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

じんラボ所長室

全国透析施設めぐりの旅3 福島編

5/5ページ

2013.9.20

オマケ① 透析中の家族の過ごし方

今回は透析旅初の昼間透析でした。その間、妻は一人ドライブ。
その模様はこんな感じです。

今回は11時〜16時までの5時間透析だったので、取材と写真撮影を終え、3時間ほど「一人郡山ドライブ」へ出かけました。

すずきクリニックを出発して東へ。まずは「三春の里田園生活館」へ。
東京と比べると新鮮でかなりお買い得な野菜がたくさん売られており、思わず大量購入です(笑)

帰宅後、「宿野部家の食卓」で美味しくいいただきました!


続いて、三春ダム。

眺望を堪能した後は、すずきクリニック方面へ戻ります。


途中、にぎやかなのぼりが見えたので車を停めると、「田んぼアート」がありました。


最後は郡山市内中心部にある「開成山公園」で一休みし、取材の続きのためクリニックへと帰りました。

のんびりと車を運転するのは久しぶりで、いい気分転換になりました。
また、自然を堪能し買い物もしっかり出来たので、束の間の3時間はとても充足していました。


オマケ② 障害者手帳の有効活用

飛行機運賃にも障害者割引はありますが、高速道路は障害者手帳の提示で料金が半額です。
この旅もその恩恵を大きく受けさせていただいております。

今回かかった高速料金は総額6,350円、正規料金を支払っていたらおよそ13,000円!
ビジネスホテルに1泊出来そうな金額です。
本当にありがたい福祉サービスだと思います。

他にも鶴ヶ城では本人の入場料は無料、タクシーは手帳提示で1割引きでした。

次回は鈴木院長のご指名で、宮崎県「森のクリニック」にうかがいます!

※個別の返信は行っておりません。

※このレポートを見て、「旅行したい! でも手続きは?」という方は、生き活きナビ(サポート情報)の旅行の手順(国内編)をご参照ください。

所長

所長
株式会社ペイシェントフッド代表。社会福祉士。透析歴29年。 14年間勤めたソニー(株)を退職後、福祉職を経て、同社を設立。 長い年月にわたり「治療を受ける」という「受け身の立場」で医療と関わってきましたが、腎臓病を経て、透析を受ける当事者として、その経験・想いを「腎臓病・透析に関わるすべての人の幸せのために」役立てられないかと一念発起し、起業しました。 「じんラボ」はみなさんと一緒につくりあげていくコミュニティです。どうぞよろしくお願いします!

所長 の記事一覧

こんな情報が知りたい、その他ご要望など、「じんラボ所長室」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

PR

ぼやいてみる

全国透析施設めぐりの旅

医療者と患者 共に幸せな透析施設を考える

その他のじんラボ所長室