[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

じんラボ所長室

全国透析施設めぐりの旅4 宮崎編

4/4ページ

2014.1.16

3日目:ロングドライブ

宮崎最終日となりました。
今日はちょっと足を延ばして「高千穂峡」に行くことに決めていたので、6時前に起きて出発しました。
この日も良く晴れました。

高速を使って約3時間。楽しみにしていた「高千穂峡」に到着です。
時間が足りず目玉のボートには乗れませんでしたが、とても空気がおいしく、空と川のブルーと緑のコントラストが綺麗で、期待通りの絶景でした。

しばし散策した後、次の目的地「天岩戸神社」に向かいました。
こちらは、「岩戸開きの神話の里」ということで、こんな勇ましい像がありました。

そして立派な境内。

そして近くにあった天安河原にも行ってみました。


約1時間半のドライブを経て、お昼は日向市漁協直営の「海の駅 ほそじま」に向かいました。

初日は今まで見たことのない映画で見るような荒々しい海を眺めながらの昼食でしたが、この日はうって変わって静かな海です。

私が頼んだのは、「ごんぐりかき揚げ丼」です。「ごんぐり」とは「マグロの胃袋」のことで、初挑戦でしたがコリコリとした食感も良くとても美味しかったです。

妻は王道「漁師海鮮丼」を堪能しました。


お腹を満たした後は、柱状節理の岸壁が続く日向岬の中の断崖絶壁「馬ヶ背」です。

駐車場にはこんな「茶屋」がありました。

途中の岩肌。

そして先端へ歩を進めます。

到着して「はい、ポーズ 笑」


顔が怖い…

馬ヶ背で断崖の絶景を楽しみ、港町美々津や「道の駅」に立ち寄りながら、また1時間半程のドライブ。

宮崎空港でレンタカーを返してロングドライブは終了です。

飛行機の時間まで少し余裕があったので、空港で腹ごしらえ。
カフェでいただいたワッフルをいただきました。
開港して50周年ということで50という数字入り(笑)

今回も宮崎県腎臓病患者連絡協議会の横山真三会長、「森のクリニック」窪山院長、川野事務長に多大なお世話になり、もりだくさんの透析旅となりました。

次回は、愛知県名古屋市の「城北クリニック」へうかがいます。

番外編:今回も透析中は一人旅〜♪

リゾート気分で透析中、妻はまた一人で出かけていきました。
さて今回はどこへ・・・


今回も3時間半ほど時間が出来たので、一人ドライブへ行ってきました。

まずは、九州と言えば「焼酎」。
私はなぜか焼酎が体に合わず飲めないのですが、焼酎好きな友人へのプレゼントを求め、雲海酒造直営の「蔵元綾 酒泉の杜」へ向かいました。

クリニックから内陸へ向かい約30分のドライブでした。

試飲コーナーにはワインや日本酒もあり、手に取りたくなる気持ちをぐっと抑え、この酒蔵で製造したものや「そば」、「とうもろこし」が原料のもの計4本を購入。次なる目的地へ出発しました。

この綾近辺の観光も考えましたが、初日に見られなかった日南海岸の青い海をどうしても見たい!と思い、主人には申し訳なく思いながらも一路「青島神社」へ向け走り始めました。
飛ばしてはいないと思うのですが(笑)、1時間程で到着。

まだ風が強く、波は高いのですが日暮れ間近の青島神社を堪能できました。

帰りの参道ではこの方が・・・

ちょうど仕事帰りの時間にぶつかってしまい、市街地はちょっと混みましたが18時前には無事クリニックへ戻りました。
今回も快適かつ充実したひとり時間でした。

※個別の返信は行っておりません。

※このレポートを見て、「旅行したい! でも手続きは?」という方は、生き活きナビ(サポート情報)の旅行の手順(国内編)をご参照ください。

所長

所長
株式会社ペイシェントフッド代表。社会福祉士。透析歴29年。 14年間勤めたソニー(株)を退職後、福祉職を経て、同社を設立。 長い年月にわたり「治療を受ける」という「受け身の立場」で医療と関わってきましたが、腎臓病を経て、透析を受ける当事者として、その経験・想いを「腎臓病・透析に関わるすべての人の幸せのために」役立てられないかと一念発起し、起業しました。 「じんラボ」はみなさんと一緒につくりあげていくコミュニティです。どうぞよろしくお願いします!

所長 の記事一覧

こんな情報が知りたい、その他ご要望など、「じんラボ所長室」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

PR

ぼやいてみる

全国透析施設めぐりの旅

医療者と患者 共に幸せな透析施設を考える

その他のじんラボ所長室