[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

世渡りナビ(就業・社会生活)

透析者が就労し、働き続けるために
【第1回】今一度整理!透析者の就労をはばむ壁

2013.9.2

文:所長

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

第3回となる今回より何回かに渡り、透析者が働くにあたってもう少し具体的に、どうしたら就労出来るのか、また働き続けることができるのかということについて、他の方のインタビュー・ご意見も交えて考えていきたいと思います。

まず今回は、様々な所で論じられていることだと思いますが、改めて透析者が就労するにあたっての課題・問題を整理してみます。

大きく5つに分けてみました。

1. 透析による時間的な制限

透析による時間的な制限

これは施設透析の方にとっては当然最大の問題だと言えるでしょう。
最低週3回、1回4時間以上(私は週3回、1回5時間)かかる透析時間に移動を加えると、透析に費やす時間は6〜7時間に及びます。この時間的拘束は就労にあたってとても大きな障壁となります。

2. 体調の問題

体調の問題

年齢、透析歴、体力、他の持病等により日々のコンディションは違います。また、翌日も含めた透析後の疲労感も人それぞれの感じ方があるでしょう。
身体だけではなく精神的なストレスの状態もしっかり勘案する必要があります。

3. 通院の問題

通院の問題

例えば正社員として働いていると、平日は就労後の夕方頃から透析を開始するいわゆる「夜間透析」をすることになる場合が多いと思います。
夜間透析をしていて、かつ距離的に通院できる施設が必ずしもあるとは限りません。
就労をしていくにあたっては、自宅、職場、透析施設、この3ヶ所の位置関係をしっかりと考える必要があります。

4. 企業側の問題

企業側の問題

企業側の問題として、「透析者を採用しない」という現実があります。 また入社してから透析導入となった場合、仕事を継続していくことが様々な面で難しくなるケースもあります。
これは、まだまだ透析への理解が進んでいないということが大きな原因かと思われます。
企業側に理解を深めていただくため、現在患者会では企業向けのパンフレットを作成し、啓蒙活動に積極的に取り組んでいます。

5. 透析者自身の問題

透析者自身の問題

これはどういうことかというと、正直に言って私自身も「病気に甘えてしまう」ことがあったのではないかいう反省があり、挙げさせていただきました。
もちろん透析という辛い治療をしているわけですし、また健康な人でもそんな時もあるとは思います。
透析をしながら働くことは、特に体調管理という面で難しいことではありますが、「無理せず、甘えず」という気持ちを持って日々生活することがとても大切なことではないかと思うのです。

次回は、この5つの課題・問題を踏まえた解決策について考えていきます。
所長

所長
株式会社ペイシェントフッド代表。社会福祉士。透析歴29年。 14年間勤めたソニー(株)を退職後、福祉職を経て、同社を設立。 長い年月にわたり「治療を受ける」という「受け身の立場」で医療と関わってきましたが、腎臓病を経て、透析を受ける当事者として、その経験・想いを「腎臓病・透析に関わるすべての人の幸せのために」役立てられないかと一念発起し、起業しました。 「じんラボ」はみなさんと一緒につくりあげていくコミュニティです。どうぞよろしくお願いします!

所長 の記事一覧

こんな情報が知りたい、私も何か記事を書きたいなど、「世渡りナビ」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

世渡りナビ の記事一覧