じんラボ ファンキー館 OPEN!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

世渡りナビ(就業・社会生活)

クリックひとつで変わる人生
〜就労サポート利用者に聞いてみました〜

株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポートで働く峯木良広さん【後編】

2017.10.23

文:所長

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

クリックひとつで変わる人生〜就労サポート利用者に聞いてみました〜

「透析患者の働きたいを応援しよう!」と、IHFヒューマンリソース株式会社外部サイトへ(以下、IHF)と共に就労サポートを行っています。

前編では、当就労サポートで就職が決まり株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポートで働く峯木良広さん(47歳)にお話を伺い、IHFへの登録から採用決定までのお話をお届けしました。
今回は峯木さんの職場の様子と透析との両立についてと、IHFのキャリアメンター梶原さんから就職・転職をお考えの透析者の方へのメッセージをお届けします。


障害者のための仕事があるから働きやすい

所長 現在の勤務地は、障害者の雇用に関するセミナーが開催されたスクウェア・エニックス本社と同じ建物ですよね。

峯木さん はい、そうです。セミナー当日にお話を聞いた、透析をしている社員の方達と一緒に働いています。

所長 職場の雰囲気や働きやすさはどうですか?

峯木さん 職場の皆さんは障害を持っていて苦労しているせいか、人あたりが柔らかくすごく優しいです。一般企業にポンと入社してしまったら「腎臓が…」と言ってもなかなか理解されにくいですよね。でもここは特例子会社なので障害者として雇用してくれて、障害者のための仕事がある。働きやすさでいえばほぼ満点です。


職場と自宅とクリニックの距離は重要

峯木良広さんと所長

所長 透析は何曜日ですか?

峯木さん 月曜・水曜・金曜の夜間透析で、通院日は16:30に早退させていただいています。仕事が決まってから透析施設も変えました。

所長 仕事が決まって、クリニックも変えて、生活のリズムが大きく変わって約3ヵ月ですね。今の生活には慣れましたか?

峯木さん そうですね、慣れてきましたが職場と透析施設との移動に時間がかかるので、仕事が終わってから透析をして帰宅すると深夜になってしまうんです。

所長 やっぱり職場と自宅とクリニックの三角形の広さって重要ですね。

峯木さん この面積が広いと自分の時間がなくなってしまうので、今は住まいと透析施設を会社の近くに移して生活の基盤を整え、通勤と透析施設との移動時間を減らすことで自分の時間を1分でも多く作ろうかな、と検討しています。


あまり重く考えずに、軽い気持ちでいこうよ

所長 峯木さんのお話を聞くと、これを読んでくれた方が「きっと自分も人生を変えられる」と思ってくれそうですよね。

峯木さん メールやスマホで情報はいくらでも探すことができるので。指一本動かせばいいんですから。

所長 たまたま出会ったウェブサイトで人生が変わった峯木さんから、ご自身の体験も踏まえて現在就労を考えている方にメッセージをお願いします。

峯木さん 実際に働いている同じ透析者の話を聞くと、すごく勇気をもらえると思うんです。だから、こんなことを皆さんに届けたいですね。

「あまり重く考えずに、軽い気持ちでいこうよ」
「透析者向けの就労に関する勉強会やセミナーがあったらまずは行ってみようよ」
「あなたと同じように悩んでいる人は沢山いるから、話をしに出かけてみようよ」

それから、自分がこれまで生きてきて一番いらないのは「プライド」だと思っています。
現実の自分としっかり向き合って、今の自分が出来ることをしっかりやることが大切だと思います。
はじめの一歩が踏み出せれば、意外と仕事が見つかるということもあるわけで、今の時代一歩が高いと思わなければ道は開けると思うんですよね。

所長 ありがとうございました。


「働きたい」を実現させる「真摯な姿勢」の大切さ

今回の峯木さんは、理想的な形でサポートから就労へ繋ぐことができました。それはとてもうれしいことであると同時に、一人でも多くの「働きたい」と思っている、そうは思っていても諦めてしまっている方々の後押しをしていきたいと心から思いました。
峯木さんは「クリックしたことで人生が変わった」とおっしゃっていました。まずは小さなことでも行動を起こすことの重要性を改めて痛感する言葉です。
そして面接の際に発した言葉からも「透析をしながら仕事をするということ」と真摯に向き合われた姿勢が感じられ、採用という結果に繋がったのだと思います。

透析をしながら仕事をすることはもちろん簡単なことではありません。

しかしその現実をしっかり見つめ、どうしたら実現することができるか、それを一緒に考え、サポートしてくれるのがIHFのキャリアメンターである梶原さんです。
梶原さんは透析者でもあります。求職者である透析者の皆さんの「働きたい」という希望を実現するべく、同じ透析者の立場で向きあい、サポートしてくれます。
そして、透析専門医の鈴木先生、そして私もサポートします。まずは「クリック」してみてください。
あなたの希望と才能が発揮できる職場を共に考え、就労を実現させましょう。


就職・転職をお考えの透析者の方へ

IHFヒューマンリソース株式会社 キャリアメンター:梶原健太郎

kajiwara.jpg2017年2月からこれまでたくさんの方にご登録いただき、その中から5名ほどの透析者の方の就職をお手伝いさせていただきました。
透析者は健常者に近しい能力を発揮できる障害者です。それを理解してくださる企業が少しずつ増えてきました。しかし透析者の雇用に関して「何に気を付けたらよいのか?」「どのように接すればいいのか?」という質問を受けることがまだまだあります。これからも企業への啓蒙活動を続け、ご紹介企業を増やしてまいります。
また、これまでお手伝いをさせていただきながら見えてきた傾向は、お仕事を真摯に探す姿勢がみられる方が、内定をいただく確率が非常に高いということです。

そしてもう一つの要素はタイミングです。本気でお仕事を探そうという真摯な姿勢で、タイミングを逃さず、行動の早い方がどんどんとお仕事が決まっています。
ご自身の都合ばかり優先される方や、必要な書類の準備がなかなかできない方等は残念ながらお仕事が決まりません。これは透析者だからということではなく、就職活動においては全て同じだと思います。
キャリアメンターである私自身が透析者ですから、透析者の状況はどの人材紹介会社の方よりも分かっています。もし、求職されている方にとって就職や転職が最適でないと判断したら、率直にそのようなアドバイスをさせていただきます。

もし今、お仕事を探したいと思ったり、転職をしようか悩んでいらっしゃるのでしたら、タイミングも重要な要素ですので、1日でも早くIHFヒューマンリソースへご登録(無料)ください。
企業の紹介はもちろん、本当に就職・転職すべきなのかも含めてじっくりお話をお聞きしたいと思います。皆さまのご登録を心よりお待ちしています。

透析者の就職・転職活動を完全サポート

  • 透析専門医である鈴木先生
  • 透析者であるキャリアメンターの梶原さん
  • 透析歴30年の社会福祉士、じんラボ所長の宿野部

このようなチームは他にないと思いますし、就労・転職を希望されている透析者にとってはきっと心強いサポーターになるに違いありません。

IHFヒューマンリソース株式会社では、透析者の就労に関するご相談、就職・転職のサポート(※現在1都3県+大阪・愛知)を随時受付中です。
働き続けるための心得や前向きな透析生活に関することなど、私も下記サイト経由で相談をお受けしています。 相談・登録すべて無料です。お気軽にお問合せください。

透析者の就労に関するご相談

こちらからご登録ください

IHFヒューマンリソース特設サイト外部サイトへ

※個別の返信は行っておりません。

所長

所長
株式会社ペイシェントフッド代表。社会福祉士。透析歴29年。 14年間勤めたソニー(株)を退職後、福祉職を経て、同社を設立。 長い年月にわたり「治療を受ける」という「受け身の立場」で医療と関わってきましたが、腎臓病を経て、透析を受ける当事者として、その経験・想いを「腎臓病・透析に関わるすべての人の幸せのために」役立てられないかと一念発起し、起業しました。 「じんラボ」はみなさんと一緒につくりあげていくコミュニティです。どうぞよろしくお願いします!

所長 の記事一覧

こんな情報が知りたい、私も何か記事を書きたいなど、「世渡りナビ」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

PR

ぼやいてみる

世渡りナビ の記事一覧