じんラボを応援する!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

新規会員登録(無料)

じんラボ所長室

メールマガジン「所長通信」をあなたに読んでほしい!

2019.12.16

文:所長

99

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

image

じんラボが毎週会員の方にメールマガジンを配信しているのをご存知ですか?
いくつかあるじんラボの会員(無料です!)特典のうちの1つに「所長通信」というメールマガジンがあります。

その他の特典についてはじんラボ はじめてガイド をご覧ください。

その名の通りこのメールマガジンは毎週私が書いています。直近(2019年12月13日)お送りしたもので228号になりました。3日坊主の私が継続できていることといえば、透析とこの「所長通信」ぐらいではないかと思っています(苦笑)。

毎回毎回、何を皆さんに伝えようか悩みながらさまざまな題材を取り上げています。腎臓病・透析にまつわることはもちろん、例えばたまたまインターネットで見つけて感銘を受けた記事を紹介したり、その時々で「皆さんにとって役に立つのではないか」「ぜひ伝えたい」と思ったことを綴っています。
このように私がお伝えしたいことを前半に、後半はじんラボ主催のイベントのお知らせなどを記載してお送りしています。


今年5月に配信した「所長通信」の内容を一部改編してご紹介します。
私の心にとても刺さったある記事を紹介したものです。

★2019年5月10日配信(所長通信 第198号)
∵☆∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵☆∵
  人生ははかなく、かけがえがなく、予想できない
∵☆∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵☆∵

こんにちは。 じんラボ所長の宿野部です。

先日ある記事を目にしました。
ガンに侵され、27歳という若さで亡くなったオーストラリアのホリー・ブッチャーさん。
その記事は、亡くなる前日にフェイスブックに投稿したメッセージを紹介する内容でした。以下は実際のメッセージです。

このメッセージは友人やコミュニティーに宛てたものでしたが、ホリーさんの死後、口コミで世界中に広がったそうです。

以下は、BuzzFeedの記事『「あと、1日でいいから…」27歳、がんで死去した女性の「遺書」外部サイトへ 』から、ホリーさんの言葉の抜粋です。 今を生きる私たちへの深遠なメッセージのように感じました。

「私はただ人々に、人生において感じる意味のない小さなストレスを心配しないよう伝えたいのです。最後には皆が同じ運命をたどるということを思い出し、つまらないことを悩まず、価値のある素晴らしい時間を過ごしてほしいのです」

「もし何かが原因で惨めな気分になるのなら、あなたにはそれを変える力があるということです。原因は仕事であれ、愛であれ、何でも同じ。必要なのは、変えてみせるという強い気持ちです。あなたに残された時間はわかりません。だから、惨めな気分のまま時間を過ごすべきではありません。」

所長通信を読まれている皆さんにも、ご自身の病気や仕事、さまざまな出来事が起こる暮らしのなかで、辛く苦しい場面もたくさんあると思います。

そんな時にこのホリーさんの言葉が、勇気をくれたり、一歩を踏み出す勇気がない時に背中を押してくれるのではないかと思い、ご紹介しました。

私は、この記事を読んで、今の自分の生き方を振り返りながら、当たり前のように朝を迎え仕事に励み、透析を受けている日常、そのすべての一瞬一瞬がどれほど貴重で奇跡的なものなのか…、それは決して当たり前ではないということを痛感しました。

そして、多くの人、出来事、すべてに対して深い感謝の気持ちに包まれました。

ホリーさんが死を間近にして感じた人生の教訓を伝えるメッセージの中には、あなたの心に響くものがきっとあると思います。


この記事を読まれた方で、まだじんラボ会員ではない方は、ぜひ会員登録(しつこいようですが無料です)をお願いします。

私からのラブレター(?)を受け取ってください!

この記事はどうでしたか?


  • 記事のクリップ機能を使うには会員登録が必要です

※個別の返信は行っておりません。

所長

所長
一般社団法人ペイシェントフッド代表理事。社会福祉士。透析歴31年。
14年間勤めた一般企業を退職後、福祉職を経て、2010年9月に株式会社を設立し、2018年4月からは一般社団法人ペイシェントフッドに法人格を変更。
長い年月にわたり「治療を受ける」という「受け身の立場」で医療と関わってきましたが、腎臓病を経て、透析を受ける当事者として、その経験・想いを「腎臓病・透析に関わるすべての人の幸せのために」役立てられないかと一念発起し、起業しました。
「じんラボ」はみなさんと一緒につくりあげていくコミュニティです。
「ひとり一人の「生きる力」が、医療を支える、希望ある社会」の実現に皆さんと共に歩んでまいります!どうぞよろしくお願いします!

こんな情報が知りたい、その他ご要望など、「じんラボ所長室」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

PR

じんラボ所長室の最新記事

こんな情報が知りたい、その他ご要望など、「じんラボ所長室」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

透析ライフガイドブック「患者がつくった透析のほん」

→透析ライフガイドブック「患者がつくった透析のほん」 とは

この"ほん"をご希望の方

以下のボタンから申込フォームにお進みください。
【New!】個人の方向けにkindle(電子書籍)版をご用意しました。
冊子版をご希望の方はかかりつけの医療施設にお問合せください。


申込フォームに移動します


Amazonに移動します

この"ほん"を手にされた方

ご感想やご要望をお寄せください!!
続編の希望などもあれば教えてください。

じんラボを応援してください!