じんラボを応援する!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

新規会員登録(無料)

腎性骨症

別名:腎性骨異栄養症、透析骨症

略号:

腎不全にともなってカルシウムの血中濃度を保つため骨からカルシウムが奪われてしまう骨障害の総称で、広義には繊維性骨炎、くる病、骨軟化症、骨粗鬆症、アルミニウム骨症、アミロイド骨感染症などを含みます。腎不全で腎臓のビタミンDの活性化が障害され腸管からカルシウムが吸収されにくくなり、糸球体濾過量の低下でリンの排出が低下するのでカルシウムとリンの電解質バランスの障害が起こります。さらに副甲状腺機能亢進で副甲状腺ホルモンの分泌が盛んになり骨の代謝が高まると、骨からカルシウムなどが溶け出す骨吸収が盛んになるため骨形成が追いつかなくなります。

症状としては、骨痛、関節痛、筋力低下、骨折、骨格変形、成長障害、異所性石灰化、透析アミロイド―シスなどがあり、加えて体内のカルシウムなどの分布が異常になるため、皮膚のかゆみや潰瘍が起こることもあります。ビタミンD製剤やリンを下げる薬を用いたり、副甲状腺の摘出手術をしたり、アルコールを副甲状腺に注入して組織を破壊しホルモン濃度を下げるなどの治療を行います。長期間の透析療法で起こりやすい合併症で、腎性骨ジストロフィ、腎性骨形成異常症ともいいます。

関連記事

関連用語

キーワード検索

50音で探す


アルファベットで探す

  • Z