[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

透析患者•よしいなをきの日常生活

2013.3.31

【第24話】透析を受けるようになって大変だったこと、良かったこと

私が透析を受けるようになって10年になろうとしています。

2015.12.10

【第23話】息子が親の透析をどう受け止めてきたのか振り返る

先日透析を受けている時に、高1になる息子が透析室を訪ねてきました。

2015.10.19

【第22話】よしい家の事情

この4月に子供が高校に進学してからは、家族の朝食を作るのと併せて子供のお弁当も作っています。

2015.8.10

【第21話】透析室スタッフさんのこと

透析中スタッフの方に私から話しかけるのは、業務中ということもあって遠慮するようにしているのですが、どういうわけだかよく話しかけられるのです。

2015.6.1

【第20話】入院の心構え

2015年3月17日のことでした。いつも通りに目が覚めて、いつも通りにお弁当を作り出社しました。お昼ご飯を食べた後くらいから、左腕が突っ張るような妙な感じがしました。

2015.4.9

【第19話】患者スピーカーとして講演しました

2015年2月1日、じんラボ所長の宿野部が事務局長を務めるNPO法人患者スピーカーバンク主催のシンポジウム「患者の語りを社会に活かす」が開催されました。

2015.2.13

【第18話】自分にとって大切なものを見つける

10年ほど前に大阪芸術大学に籍をおいて文章修行をしたということを以前書きましたが、実を言えば一時中断していた時期があります。

2015.1.13

【第17話】私のオフシーズン

涼しげな場所を訪れたり、季節の良い時期のサイクリングは本当に気持ちがいいのですが、猛暑の時期にひたすら自転車走行を続けるのはかなり危険です。

2014.8.18

【第16話】ボクの保存期〜今、CKDを生きるひとたちに・6(最終回)

シャント手術のための入院から退院し、すぐに仕事に復帰しましたが、退院後しばらくするとシャントが止まってしまうというトラブルもありました。

2014.8.18

【第15話】ボクの保存期〜今、CKDを生きるひとたちに・5

2005年の夏、私は家族と一緒に神奈川県横須賀市にある猿島を訪れました。

2014.7.28

【第14話】ボクの保存期〜今、CKDを生きるひとたちに・4

今回は結婚とその後のことを振り返ってみようと思います。

2014.6.19

【第13話】水分管理について

今回は最近自分の身に起こったことを書こうと思います。

2014.5.12

【第12話】ボクの保存期〜今、CKDを生きるひとたちに・3

就職してしばらくの間は役立たずの状態でした。

2014.4.3

【第11話】ボクの保存期〜今、CKDを生きるひとたちに・2

「もしかしたら診断そのものが間違っていて、どこかで歯車がずれたまま状況が悪い方向へ動いているのではないか」と考えていました。

2014.2.27

【第10話】ボクの保存期〜今、CKDを生きるひとたちに・1

自分が慢性腎臓病であることを知ったのは、今から20年以上前のことです。

2014.1.30

【第9話】趣味のはなし・小旅行

透析を受けている方には、積極的に旅行に行かれる方と、引っ込み思案になってしまって旅行を敬遠される方がいらっしゃるというはなしを聞きました。

2013.12.20

【第8話】趣味の話し・文章を書く

今から10年ほど前、私はサラリーマンをする傍ら、大阪の南河内にある大阪芸術大学の通信教育部文芸学科に籍を置いていました。

2013.11.28

【第7話】趣味の話し・写真

ただ歩くだけでは面白みに欠けるので、色々と組み合わせて楽しみを広げていくことを考えたいと思います。

2013.10.28

【第6話】趣味の話し・自転車

透析を受けられている方で多くの方が体を動かすことやスポーツをしたりする事には躊躇があるのではないかなと思います。私もかつてはそうでした。

2013.9.17

【第5話】人工透析で生きるということ

保存期の頃、私は会社に籍を置きながらもう一方で大阪芸術大学の通信生として文章芸術の勉強をしていました。

2013.8.9

【第4話】家族がいてくれたこと

私には妻と息子がいます。3人家族です。左腕にシャントの手術をしたのが2005年の4月ですから、子供はまだ6歳でした。

2013.7.10

【第3話】安心して食べられるということ

皆さんも耳にしていると思いますが、低カリウムメロンが島根大学で開発されました。今年の1月の日経新聞の記事にもなりました。

2013.6.11

【第2話】Y先生のこと

私、吉井尚紀は2005年の4月26日(自分の誕生日)にシャントの手術をしました。慢性腎不全だと分かったのは、1991年ですから保存期を14年過ごしたことになります。

2013.5.4

【第1話】リンが上がった!

私は、どちらかと言えばリン、カリウムの制限はそれほど難しいとは思っていませんでした。…実際に、上がってみるまでは。

2013.4.1

仮プロフィール画像

よしいなをき

透析歴7年になります。透析はしていますが普段はスポーツ自転車に乗って体を鍛えています。
仕事は、平凡なサラリーマンですが、透析の時間を利用して、ブログを書いたり、小説を書いたりしています。透析は月、水、金の夜間にしているので、その時間にメッセージや、 コメントなど頂けるとうれしいです。
ブログのURLは次の通り。
現在と未来の狭間(http://ameblo.jp/naokiyoshi07/) 気軽にお越し下さい。