じんラボを応援する!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

新規会員登録(無料)

生き活きナビ(サポート情報)

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報
【第36回】
感染症予防対策 〜感染しない、感染させない心得

2019.1.28

文:アスペクト比P

2399

緑の文字の用語をクリックすると用語解説ページに移動するよ。

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

イメージ

平成も終わりに近づいてまいりました。今の季節、なかなか収束しないのがインフルエンザやノロウイルスなどの感染症です。特に今年はインフルエンザが警報レベルだという報道が目立つ気もしますね。

今回は、自分や家族が感染しない、自分や家族から他人に感染させないための対策を考えてみましょう。


患者の防衛策

血液透析を行う大体の透析室はワンフロアにいくつものベッドにあり、そこに患者さんが何人も寝ているのが普通ではないでしょうか。同じ空間に複数人が数時間滞在する透析室は感染症のリスクが高い場所だと言えるでしょう。
患者の防衛策としては次のようなことが必要です。入室時からマスクは必ずつける。手洗いを行い、出来れば施設に置いてあるアルコール消毒薬で手を消毒する。マスクは「もったいない」からと再利用しない。マスクは帰宅後に必ずビニール袋に入れて廃棄するなどです。
特に高齢者の方が使い捨てのディスポーザブルマスクを何度も使い回す様子がよく見かけられますので、ご家族の方は常に新品を持たせるようにしましょう。

感染症予防対策

  • 手洗いは念入りに! アルコール消毒も忘れずに!
  • マスクはお出かけのお供、1日1枚を目安に使い回しはしない!
  • 不要不急の外出はしない!
  • うがい手洗いは毎回忘れずに!
  • 二枚貝はなるべく食べない、食べる際はしっかりと熱を加える(ノロ対策)

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!


インフルエンザはワクチン接種をしましょう

透析患者はどうしても免疫力が弱くなっています。感染症シーズン前になるとワクチンの接種を病院から勧められると思います。確かにワクチンを打ったからと言って完全に感染を防げるとは言えませんが、重症化を抑えるためにも、私はワクチンは接種すべきだと思っています。人類が長い時間をかけて感染症のメカニズムを解き明かして、その対策として生み出したのがワクチンです。重症化すればインフルエンザ脳症などに発展する可能性もありますので、自分だけでなくご家族も出来ればワクチン接種を受けた方が良いでしょう。

とはいえ、やっぱり皮下注射は痛いですよね〜。透析歴が10年以上になるのに、インフルエンザワクチンを打つところを見るのが怖いチキンな私デス…。


自分だけではなく、家族のために

インフルエンザやノロウイルスに感染したからと言って透析がお休み出来るわけもなく、時間をずらして隔離されての透析になったりすると、ご自身だけではなくご家族の生活にも影響が出てしまいます。特に受験シーズンでもあるこの時期は、お子さんやお孫さんの人生にも関わる時期です。感染しない、させないために出来ることを続けていくのは、透析患者である自分のためでもあり大事な家族のためでもあるのです。

この記事はどうでしたか?


  • 記事のクリップ機能を使うには会員登録が必要です

※個別の返信は行っておりません。

アスペクト比P

アスペクト比P
中国地方に住むオタク系透析患者。 20歳の時にIgA腎症と診断され、忙しさにかまけて6年間ほぼ治療をしないまま放置してしまい、27歳の時に透析導入。今年で透析導入16年目、透析病院での仕事と透析に趣味に透析患者会のお手伝いと走り回っています。

    こんな情報が知りたい、私も何か記事を書きたいなど、「生き活きナビ」にご意見をお寄せください!

    ご意見をお寄せください

    PR

    ぼやいてみる

    緑の文字の用語はオンマウスで用語解説が見れるよ。クリックするとさらに詳しい用語解説ページに移動するよ。

    生き活きナビ内検索

    じんラボを応援してください!