[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

生き活きナビ(サポート情報)

2013.3.31

腎臓病全般

もうすぐ透析です、と言われたら

透析導入前の心得3カ条

透析歴30年目を迎えた私から、これから透析をはじめられる皆さんへ「透析導入前の心得3カ条」を伝授したいと思います。

2016.8.15

文:所長

これから透析をはじめるあなたへ

「もうすぐ透析です」この言葉にきっとあなたはとてもショックを受け、大きな不安を感じたことと思います。毎月の診察の中で、少しずつ心の準備をしてきた方もいるかも知れません。

2016.3.28

文:所長

腎臓病とは

慈恵医大横尾教授に聞く「再生腎臓の今、そして未来」【第3回】希望の光に

2回にわたってご紹介してきた再生腎臓のお話も、この第3回で最終回です。臨床に向けて横尾先生の努力は続きます。

2016.2.29

文:所長

慈恵医大横尾教授に聞く「再生腎臓の今、そして未来」【第2回】再生腎臓の研究内容

「再生腎臓の今、そして未来」【第1回】は腎臓の再生医療にスポットライトが当たるまでのお話でした。第2回は東京慈恵会医科大学腎臓高血圧内科の主任教授横尾隆先生の研究内容についてご紹介します。

2016.2.25

文:所長

慈恵医大横尾教授に聞く「再生腎臓の今、そして未来」【第1回】腎臓の再生医療に光

2015年9月に「再生腎臓を使って排尿に成功 人への応用は10年以内に」というニュースが大きく報道されました。再生腎臓の今と未来に関して、東京慈恵会医科大学腎臓高血圧内科の主任教授横尾隆先生にお話をうかがいました。

2016.2.22

文:所長

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第2回】CKDって何ですか?

最近、テレビやラジオなどでも「健康寿命」の重要性が訴えられています。「健康寿命」とは健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間を表す言葉です。

2014.11.25

文:アスペクト比P

じんラボ プレイバック【第1回】慢性腎臓病(CKD)を知っていますか?

これまで当サイトに掲載してきたコンテンツの中から慢性腎臓病(CKD)に関する基本的なことを紹介した記事をまとめました。

2014.7.16

文と構成:よしいなをき

病気の段階と治療

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第17回】携帯電話の活かし方

今や携帯電話のない生活は考えられない時代になりました。最近では透析室内への携帯電話持ち込みがOKになっている施設もあるようですね。

2016.3.17

文:アスペクト比P

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第13回】何事もバランスが大事 血圧とのお付き合い

今回は透析・CKD患者だけでなく多くの方が悩まれているであろう「血圧」がテーマです。私は10代の頃から血圧が高いと言われ続けてきました。

2015.11.2

文:アスペクト比P

シャントを知る

飯田橋春口クリニック・春口洋昭院長の解説とお悩み相談【第10回】みなさまからの疑問・質問にお答えします Part 5

今回は「除水が多いとシャントが閉塞するのはなぜか」「同じところに繰り返し穿刺をするのはなぜよくないのか」「シャントの作製時期について」「止血がうまくいかないこと」といった質問が寄せられました。

2015.12.3

文:春口洋昭

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第12回】大切なシャントと長く付き合う

私はこの秋で透析を始めて14年目に入ります。その間にシャントの閉塞で左腕にメスを入れたのが10回以上。感染を起こして一部の血管を切除したり、一時期は利き手側である右手にシャントを作ったりとなかなか安定しない時期もありました。

2015.10.5

文:アスペクト比P

飯田橋春口クリニック・春口洋昭院長の解説とお悩み相談【第9回】みなさまからの疑問・質問にお答えします Part 4

シャントトラブルの質問に、今回も目からウロコの回答をいただきました。

2015.9.17

文:春口洋昭

飯田橋春口クリニック・春口洋昭院長の解説とお悩み相談【第8回】みなさまからの疑問・質問にお答えします Part 3

患者さんが気になるシャントトラブルの6つの質問に、春口先生に詳しく回答、解説いただきました。

2015.5.11

文:春口洋昭

飯田橋春口クリニック・春口洋昭院長の解説とお悩み相談【第7回】みなさまからの疑問・質問にお答えします Part 2

「みなさまからの疑問・質問にお答えします」第2弾。みなさまからいただきましたシャントに関する疑問・質問と春口先生の回答をご紹介します。

2015.1.6

文:春口洋昭

飯田橋春口クリニック・春口洋昭院長の解説とお悩み相談【第6回】みなさまからの疑問・質問にお答えします Part 1

今回から3回にわたり皆さまからの質問と春口先生からの回答をご紹介します。

2015.1.6

文:春口洋昭

飯田橋春口クリニック・春口洋昭院長の解説とお悩み相談【第5回】今回は、バルーン拡張の話をします

時狭窄部をバルーンで拡張することを経皮経管的血管形成術(PTA)と言います。

2014.11.13

文:春口洋昭

自分のシャントをよく知ろう! 飯田橋春口クリニック・春口洋昭院長の解説とお悩み相談【第4回】シャントトラブル2. 患者さんに生じるトラブル

患者さんに生じるシャントトラブルについての話です。

2014.9.16

文:春口洋昭

自分のシャントをよく知ろう! 飯田橋春口クリニック・春口洋昭院長の解説とお悩み相談【第3回】シャントトラブル1. 透析中に生じるトラブル

「透析中に生じるトラブル」について解説します。

2014.8.5

文:春口洋昭

自分のシャントをよく知ろう! 飯田橋春口クリニック・春口洋昭院長の解説とお悩み相談【第2回】シャントを視て、触って、聴いてみよう。自分でできるトラブルの早期発見

すでに透析を受けている患者さんが、実際どのような事に気をつけてシャントを管理すればよいかの話をしたいと思います。

2014.6.2

文:春口洋昭

自分のシャントをよく知ろう! 飯田橋春口クリニック・春口洋昭院長の解説とお悩み相談【第1回】内シャントが生まれるまでの歴史とバスキュラーアクセスの種類

血液透析を受けるためには、1分間に200mL/min程度の血液を人工腎臓に通すことが必要になります。

2014.4.14

文:春口洋昭

透析と自己管理

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第24回】インフルエンザ その対応策

インフルエンザといえば、皆さんはどんなことを思い浮かべるでしょうか? 透析患者さんにとっては特に怖いものでしょう。高熱や関節部の痛み、さらには頭痛などの症状は嫌なものです。

2017.1.30

文:アスペクト比P

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第23回】本格的な冬の前に再チェック、マスクと手洗い!

冬将軍が到来するこの季節、透析患者さんや持病を持たれている方にとってはインフルエンザや風邪、ノロウイルス感染による体調悪化等、何かと気をつけないといけません。

2016.12.12

文:アスペクト比P

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第21回】腎臓と歯の意外な関連

子供の頃から歯医者は嫌いで、あの歯を削る音はいやーなものでした。そんな私ですがこのたび「後天性多発嚢胞腎」と診断され、両方の腎臓を摘出することになりました。

2016.9.5

文:アスペクト比P

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第18回】お風呂との上手な付き合い方

皆さん、お風呂はお好きですか? 『テルマエ・ロマエ』という漫画では、日本人(平たい顔族)がお風呂好きとして登場しますが、私もそんな「平たい顔族」の一人ですからもちろんお風呂が大好きなのです。

2016.5.12

文:アスペクト比P

透析を知る

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第15回】夢じゃない! 自宅で透析

患者が自宅で行う透析というと、多くの方々は腹膜透析(PD)を思い浮かべるのではないでしょうか。私も初めて資料で在宅血液透析を知った時は「自宅で? 自分でプライミングや穿刺をして透析!? 」と驚いたことをよく覚えています。

2016.1.18

文:アスペクト比P

【舞台演出家・中村龍史さん、留美子さん 特別インタビュー!】腹膜透析、在宅血液透析を夫婦の絆で乗り越えていく・腹膜透析編

中村龍史さんは透析をされながら『マッスルミュージカル』など数々の舞台演出を手がけ、留美子さんは舞台脚本を書きながら食事制限などのサポートを行い、まさに夫婦二人三脚で仕事と透析に向き合ってきました。

2015.8.20

聞き手:よしいなをき

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第10回】新たな可能性 オーバーナイト透析

オーバーナイト透析という人工透析治療をご存知でしょうか。長時間透析療法の1つであり、最近徐々に注目されている治療の1つです。

2015.8.3

文:アスペクト比P

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第3回】長時間透析って?

長時間透析とは透析時間が週18時間以上(週3回透析であれば1回6時間以上、隔日透析であれば1回5時間以上)と定義されています。

2014.12.29

文:アスペクト比P

知って安心 これで分かる腹膜透析(PD)【第3回】腹膜透析(PD)についてよくある疑問質問

腹膜透析(PD)について、よくいただく疑問や質問をまとめてご紹介したいと思います。

2014.9.11

文:バクスター株式会社

知って安心 これで分かる腹膜透析(PD)【第2回】腹膜透析(PD)をはじめたら《PDのライフスタイル》

PDを始めてからの生活について、食事や通院など実際に導入された患者さんの例も交えながらご紹介したいと思います。

2014.7.25

文:バクスター株式会社

知って安心 これで分かる腹膜透析(PD)【第1回】腹膜透析(PD)の基礎知識

「透析」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? 「腹膜透析(PD)」についてご説明します。

2014.6.23

文:バクスター株式会社

第9回長時間透析研究会・透析患者からのメッセージ:『透析と共に生きて』/『透析と共に生きる幸せ』

2013年11月10日の「第9回長時間透析研究会」での森本幸子さんと畠山岳士さんの講演が行われました。お二人の透析治療に対する思いが語られた講演内容について報告します。

2014.6.16

文:よしいなをき

腎内科クリニック世田谷患者会講演会・坂井瑠実先生講演『透析医療40年を経て見えてきたもの』『長時間透析は有用か?』

2014年3月16日開催の腎内科クリニック世田谷 患者会講演会、坂井瑠実クリニック理事長坂井瑠実先生の講演について報告します。

2014.6.9

文:よしいなをき

第9回長時間透析研究会・草刈万寿夫先生講演『長時間透析でも血流量は多い方が良い』

2013年11月10日の「第9回長時間透析研究会」での松江腎クリニック院長・草刈万寿夫先生の『長時間透析でも血流量は多い方が良い』の報告です。

2014.3.7

文:よしいなをき

第9回長時間透析研究会・政金生人先生講演『最高・最適な透析条件を考える』

2013年11月10日の「第9回長時間透析研究会」での政金生人先生の『最高・最適な透析条件を考える』のレポートです。

2014.1.21

文:よしいなをき

第9回長時間透析研究会 参加レポート

去る2013年11月10日(日)第9回長時間透析研究会が開催されました。

2013.11.25

文:よしいなをき

「透析が必要です」と言われたら

今回は透析の種類に関してお話をさせていただきます。

2013.6.18

文:りんご

腎臓移植

移植者からみた最近の移植事情とは?【第3回】移植後に気を付けるべきことはなにか?

今回は、移植後に気を付けるべき点をお話ししたいと思います。

2016.12.26

文:ある

移植者からみた最近の移植事情とは?【第2回】ドナーになる人の血液型って関係あるの?

21年前の私が腎臓移植を受けた当時は、漠然と「血液型が同じじゃないと移植はできない」と思っていました。

2016.9.12

文:ある

移植者からみた最近の移植事情とは?【第1回】腎臓移植のドナーは誰がなれる?

この連載では、患者会活動を通じて得ることができた最新の腎臓移植の状況や、患者さんの声を元にお伝えできればと思っています。第1回目は「腎臓移植のドナーは誰がなれる?」というテーマです。

2016.7.28

文:ある

わかりやすい臓器移植法

この記事がきっかけでもいいです。少しでも「臓器移植」というものについて考え、知識を深めてみるのはいかがでしょうか。

2013.4.1

文:だいちゃん

在宅血液透析

【舞台演出家・中村龍史さん、留美子さん特別インタビュー!】腹膜透析、在宅血液透析を夫婦の絆で乗り越えていく・在宅血液透析編

中村龍史さんは透析をされながら『マッスルミュージカル』など数々の舞台演出を手がけ、留美子さんは舞台脚本を書きながら食事制限などのサポートを行い、まさに夫婦二人三脚で仕事と透析に向き合ってきました。

2015.10.26

聞き手:よしいなをき

東京ネクスト内科・透析クリニック 第3回在宅血液透析患者会参加レポート Part3

勉強会と意見交換会の様子をお伝えします。

2015.7.9

文:よしいなをき

東京ネクスト内科・透析クリニック 第3回在宅血液透析患者会参加レポート Part2

Part1からの講演の続きと会場から寄せられたご質問とその回答について紹介します。

2015.7.2

文:よしいなをき

東京ネクスト内科・透析クリニック 第3回在宅血液透析患者会参加レポート Part1

2015年4月26日(日)、東京・日暮里にある「「東京ネクスト内科・透析クリニック」で、在宅血液透析(HHD)の患者さんを集めて第3回在宅血液透析患者会が開催されました。

2015.6.25

文:よしいなをき

東京ネクスト内科・透析クリニック 第1回在宅血液透析患者会参加レポート

東京の日暮里にある「東京ネクスト内科・透析クリニック」で在宅血液透析(HHD)を実践されている患者さんたちの第1回在宅血液透析患者会が開かれました。

2014.8.7

文:よしいなをき

検査について

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第8回】転ばぬ先の杖 検査のススメ

透析由来のさまざまな合併症が出るリスクは常にあります。その合併症発症のリスクを早めに発見し、悪化を防ぐために患者はさまざまな検査を受けます。今回はそんな検査のお話です。

2015.5.28

文:アスペクト比P

薬について

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第11回】お薬との上手な付き合い方

透析生活や慢性腎臓病(CKD)の維持生活の際に、重要な物の1つとして「薬」の存在がありますね。私自身も降圧剤、リン吸着剤、痒み止めとさまざまな薬を処方され毎日飲んでいます。

2015.9.7

文:アスペクト比P

腎臓病を進行させない・透析にならないために

じんラボ プレイバック【第2回】慢性腎臓病(CKD)の進行を防ぐには?

これまで発信したさまざまな情報の中から、慢性腎臓病(CKD)の進行を防ぐのに役立つ記事をまとめました。

2016.3.10

文と構成:カオリ

慢性疾患セルフマネジメントプログラムの紹介【第3回】ワークショップで異なる慢性疾患患者同士で病気の経験を共有する

じんラボ特別研究員の私が実際に日本慢性疾患セルフマネジメント(CDSMP)ワークショップ(全6回)に参加し、そこで行われたワークショップの内容や、他の疾患の患者の方々との交流の様子を紹介します。

2015.11.12

文:よしいなをき

慢性疾患セルフマネジメントプログラムの紹介【第2回】 日本慢性疾患セルフマネジメント協会事務局長・武田飛呂城さんに聴く ワークショップを通じて、病気を乗り越える仲間たちの場を作っていく

CDSMPの開催・運営を取りまとめているのが、特定非営利活動法人日本慢性疾患セルフマネジメント協会外部サイトへです。事務局長の武田飛呂城さんに、これまでの活動や今後の取り組みについてお話を伺いました。

2015.10.1

文:よしいなをき

慢性疾患セルフマネジメントプログラムの紹介【第1回】ワークショップで「自己管理」のスキルを身につける

私たち透析患者は普段多くの課題と共に生活しています。人工透析を受けるための通院はもちろん、食事、服薬、運動、家事や仕事、人との付き合い、自分自身の感情など、課題はさまざまです。

2015.8.24

文:よしいなをき

他科の受診について(透析患者さん)

透析患者さんにとって大切な心臓のはなし【第3回】透析をしていると、どんな心臓病になるのかを知りたい〜透析の循環器合併症で危険なものは何?

今回は「透析の循環器合併症で危険なものは何?」についてです。

2016.3.14

文:朝田一生

透析患者さんにとって大切な心臓のはなし【第2回】【第2回】次に、心臓で苦しまないために。

「自分の心臓は大丈夫かどうか知りたい」に引き続き「どうすれば心臓を悪くしないですむのか、悪くなったらどうすれば良いのかを知りたい。」についてお話しさせていただきます。

2015.11.30

文:朝田一生

透析患者さんにとって大切な心臓のはなし【第1回】まずは、心臓を知るために。

いろいろとご縁がありまして、「透析と循環器」という話題でみなさまのお役に立てる情報を少しでもお届けできたらと思い、稚拙ながら一筆したためさせていただきました。

2015.8.6

文:朝田一生

腎がん

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第22回】がん検診のススメ

後天性多発腎嚢胞(ACDK)で腎臓摘出が必要なため入院していました。

公開日:2016.10.24

文:アスペクト比P

「腎がんを知る」シリーズ公開のお知らせ

今じんラボが一番皆さんに知ってほしいこと、それは「腎がん」です。腎がんとはどんな病気なのでしょうか?

公開日:2016.7.11 最終更新日:2016.8.22

文:じんラボスタッフ

生活情報

おしゃれ・身だしなみ

障害者だからこそファッションで気持ちを明るく!

ファッションに気を使うようになって良いことが沢山増えました。

2013.4.1

文:だいちゃん

透析中、待ち時間の過ごし方

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第25回】透析時に何を持ってく? あなた・わたしの透析7つ道具

透析の時に使うものや必要なものを色々と変えたりしながら、透析を快適かつ安全に過ごすための自分なりの7つ道具的なものが出来てきました。

2017.3.22

文:アスペクト比P

透析中の私の相棒

私の透析歴も今年の2月9日より30年目に入りました。振り返ってみれば、私の「透析の相棒」とも言えるものも時代と共に移り変わってきました。

2016.10.13

文:所長

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第6回】ながーい透析時間のつきあいかた

今回は体感的に長く感じる透析時間の有意義な使い方を考えてみようというお話です。

2015.3.30

文:アスペクト比P

透析中の過ごし方改革に挑戦! 第1回

透析中のタブレットパソコン(ウルトラブック)の活用 検証実験スタート

2013.9.13

文:所長

透析中・待ち時間の過ごし方

普通に4時間の時間があれば、これは活用しないともったいないことだと思います。でもそこは人工透析という治療を行っている時間でもある。

2013.4.1

文:よしいなをき

透析患者さんの介護と施設

【新連載予告編】渋谷笹塚循環器HDクリニック訪問レポート「小さな透析クリニックの挑戦」

朝田先生は東京大学付属病院やさまざまな医療の現場で、数多くの不整脈治療に取り組んでこられた循環器内科の専門医であり、心疾患などの合併症が多い長期透析患者にとって心強い医療者のお一人です。

2015.7.30

文:よしいなをき

「治療食レストランと健康教室で患者さんをもっと元気に!」船橋市・大島記念嬉泉病院の取り組みを取材しました! Part2

船橋市にある「大島記念嬉泉病院」の治療食レストラン『たね』と健康教室の体験取材をし、大島記念嬉泉病院の患者さんや地域の人たちを元気にする取り組みを詳細にお伝えします。

2015.5.7

文:よしいなをき

「治療食レストランと健康教室で患者さんをもっと元気に!」船橋市・大島記念嬉泉病院の取り組みを取材しました! Part1

船橋市にある「大島記念嬉泉病院」では、透析患者さんだけではなく、家族の方や一般の方でも病院食レストランや健康教室を利用できるとのことでした。

2015.3.19

文:よしいなをき

「リハビリを通じて患者さんの気持ちに寄り添う」医療法人社団麗星会・五反田ガーデンクリニック・リハビリテーション科の取り組み

“ゆうぼー”こと舘野雄貴さんは五反田ガーデンクリニックで理学療法士をされていて、多くの透析患者さんのリハビリに取り組まれています。

2015.3.5

文:よしいなをき

看護師さんに聞く! 透析看護の現場【4】

透析看護のお仕事内容について、50歳を過ぎて始めた透析看護を始めたK.Yさんにお話をうかがいました。

2014.5.22

文:じんラボスタッフ

看護師さんに聞く! 透析看護の現場【3】

透析看護のお仕事内容について、腎内科クリニック世田谷の准看護師M.Mさんにお話をうかがいました。

2014.5.21

文:じんラボスタッフ

看護師さんに聞く! 透析看護の現場【2】

透析看護のお仕事内容について、透析医療に携わって25年の腎内科クリニック世田谷の師長であり、透析療法指導看護師のK.Tさんにお話をうかがいました。

2014.5.20

文:じんラボスタッフ

看護師さんに聞く! 透析看護の現場【1】

透析看護のお仕事内容について、長い間透析看護に携わった経験を持つ、株式会社 Advance 代表の野田夕子さんにお話をうかがいました。

2014.5.13

文:じんラボスタッフ

「医療」×「介護」×「住まい」の問題

高齢化する透析患者の住まいの問題。「じんラボ」でもしっかりと取り組まねばならない大切な問題です。

2013.4.1

文:所長

住まい(透析患者さん)

「住まいナビ」をご覧ください

食事について

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第4回】減塩や食事制限を料理で楽しむ

今回のテーマは「料理」です。いきなりですがクッキングはお好きですか?

2015.2.2

文:アスペクト比P

管理栄養士加藤知子の しっかり食べて、元気のコツ!【第2回】ドライウェイトと水分・塩分

ドライウェイトとは、「透析後、体に余分な水分が無く、血圧や体への負担が少ない体重」とされています。

2013.11.16

文:管理栄養士 加藤知子

管理栄養士加藤知子の しっかり食べて、元気のコツ!【第1回】食事療法のポイント 〜透析療法と食事〜

記念すべき第1回は「食事療法のポイント」についてです。

2013.10.17

文:管理栄養士 加藤知子

慢性腎臓病(CKD)と飲酒について

CKDの食事療法において飲酒は決して禁忌ではありません。アルコール摂取時に注意すべき点は3点です。

2013.4.1

文:りんご

「食生活研究室」もご覧ください

症状ケア

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第20回】日々の良い生活は足元から? 〜自分の足で歩けること、自分の足で立てること〜

自分の足で歩けること、自分の足で立てることは本当に大事なことです。

2016.8.4

文:アスペクト比P

自分の「足」で歩くことの幸せ〜足病変とフットケアについて【第5回】体験レポート:「フットサポートセンター東京」でインソールを作りました〜靴選びのポイント〜

インソールと靴の話を伺いに東京・田町にある「フットサポートセンター東京」を訪ねました。

2014.2.18

文:よしいなをき

自分の「足」で歩くことの幸せ〜足病変とフットケアについて【第4回】体験レポート:フットケア外来「ベテル南新宿診療所」を受診しました

今年4月に開院したフットケア外来のある「ベテル南新宿診療所」を受診した体験レポートをお届けします。

2013.12.27

文:カオリ

自分の「足」で歩くことの幸せ〜足病変とフットケアについて【第3回】早期発見、早期治療がカギ! 足病変の治療方法

専門の診療科(以下、フットケア外来)ではどんな検査や治療を行っているのかご紹介します。

2013.11.21

文:よしいなをき

自分の「足」で歩くことの幸せ〜足病変とフットケアについて【第2回】あなたの足は大丈夫?

まず自己管理からはじめましょう!ということで、足の観察ポイントや生活の注意点など、実際に自分でできるフットケアについてです。

2013.10.30

文:カオリ

自分の「足」で歩くことの幸せ〜足病変とフットケアについて【第1回】「足」について考える

みなさんは「足」について考えたことはありますか? もし自分の「足」で歩けなくなってしまったら、と想像したことはあるでしょうか?

2013.10.11

文:カオリ

【体験レポート】「フットサポートセンター東京」に行ってきました

少し前から、私たち透析患者の耳にも「フットケア」という言葉が入ってくるようになりましたね。田町にある「フットサポートセンター東京」さんに行き、体験してきました。

2013.4.1

文:所長

心・からだ

運動、スポーツ、アスリート

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第17回 バランスを司る機能とバランス感覚を鍛える運動療法

ヒトはさまざまな情報や機能を駆使して、バランスを保持しています。まず、バランスを保つためには、「平衡機能」というものが必要です。

2016.7.21

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第16回 透析アミロイドーシスによる合併症

透析患者さんに発症する「透析アミロイドーシス」という合併症を聞いたことがありますか? この合併症はアミロイドという物質が原因となり、身体にさまざまな悪影響を及ぼします。

2015.11.19

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第15回 〜透析と骨の健康〜

腎不全になると、高リン血症や甲状腺機能亢進症、ビタミンD活性不足などの骨に悪影響を及ぼす症状が併発的に起こります。

2015.9.24

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第14回 〜障がいとリハビリテーションの役割〜

脳卒中後遺症をはじめとしたさまざまな「障がい」に対するリハビリの役割についてのお話です。

2015.7.26

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第13回 〜脳卒中のリハビリ ③〜

脳卒中の後遺症として麻痺が残ると、肩関節亜脱臼という状態になるケースが多くみられます。肩関節亜脱臼のリハビリを取り上げます。

2015.6.11

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第12回 〜脳卒中のリハビリ ②〜

脳卒中後遺症として、麻痺と同じくらい発症する「感覚障害」について説明します。

2015.4.24

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第11回 〜脳卒中のリハビリ ①〜

血圧が上昇すると心臓や血管に負荷がかかってしまうので、脳血管障害を引き起こすリスクが高くなります。

2015.2.26

文:ゆうぼー

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第5回】運動のススメ

便利になった代償として生活習慣病の発症率の上昇や肥満率が上がりつつあるというデータを横目に、自分の出っ張りつつあるお腹を見てため息をついている今日この頃です。

2015.2.23

文:アスペクト比P

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第10回

肩関節・肩関節周囲の筋肉の解剖を説明しながら、肩関節症発生のメカニズムとその予防運動療法をご紹介します。

2014.12.22

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第9回

「膝にやさしい運動療法と安全な生活方法」についてお話したいと思います。

2014.10.23

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第8回

誰しも悩まれた経験があると思われる腰痛症についてお話ししたいと思います。

2014.8.21

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第7回

透析にはさまざまな合併症が生じますが、「手根管症候群」もその中の一つとして挙げられます。

2013.12.9

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第6回

第一部:腎臓病と高血圧、第二部:早朝高血圧、第三部:血圧コントロール

2013.8.19

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第5回

私が担当した患者様のお話をしつつ、そこで考えさせられた「医療従事者からみたQOLの在り方」についてご説明します。

2013.7.23

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第4回

クレアチニンは筋肉に強い負荷が加わった時に排泄されやすいので、低負荷運動が推奨されています。

2013.6.25

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第3回

第1回では「下半身の運動」でしたので、第3回では「体幹編」をご紹介します。

2013.5.21

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第2回

今回は第2回として、「有酸素運動と無酸素運動の必要性」について説明したいと思います。

2013.5.10

文:ゆうぼー

理学療法士ゆうぼーの じんラボ運動療法講座 第1回

第1回は、運動による腎機能への影響と運動の必要性について説明した上で、運動方法の紹介をしたいと思います。

2013.4.1

文:ゆうぼー

スポーツとの付き合い方

透析患者が運動をするのには、ちょっとした抵抗といいますか、まあ躊躇のようなものがあると思います。

2013.4.1

文:よしいなをき

旅行

透析クルーズ体験記【第2回】透析の実際

透析クルーズ体験記の2回目では、実際に透析がどのように行われたのかお話ししたいと思います。

2017.3.13

文:萩元幹生

透析クルーズ体験記【第1回】ツアーと透析の概要

アメリカ系の旅行会社が手掛ける、海外客船内で透析を受けながらクルーズ旅行ができる「透析クルーズ旅行」というものがあるのをご存知ですか?

2017.2.20

文:萩元幹生

出掛けよう!私たちの世界は広い。【第2回】地中海に浮かぶ美しい島。マルタ共和国〜マルタ透析レポ編〜

2016年3月17日、業務上いちばん支障の少ない時期を選び、3連休を挟んで有給も使って思い切って1週間の休暇を取りました。いざ、憧れの地マルタへ。

2016.6.13

文:りんりん

出掛けよう!私たちの世界は広い。【第1回】地中海に浮かぶ美しい島。マルタ共和国〜紹介編〜

「マルタ共和国」そこは私にとってずっと憧れの場所でした。そう、ローマのアヴェンティーノの丘の上で、マルタ騎士団長の別荘の鍵穴を覗いたあの日から…。

2016.6.9

文:りんりん

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第7回】旅のすすめ いつもと違う風景を見にいってみませんか?

日帰り旅行や一泊旅行ならなんとかなっても連泊の旅行は透析がネックになる、透析さえなければ、というお話はよく聞きます。

2015.4.27

文:アスペクト比P

楽園の島バリ島で透析を。【第2回】バリ島の魅力

私が初めてバリ島に来たのは1994年。

2014.4.10

文:織田裕恵

楽園の島バリ島で透析を。【第1回】日本人スタッフが在院する透析施設のご紹介

もう「透析」を理由に海外旅行(バリ島)を諦めないでください。

2014.3.10

文:織田裕恵

旅行の手順(国内編)

透析患者さんが安心して旅行を楽しむための手順と心構えをご紹介します。

2013.4.1

文:カオリ

リラックス・心

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第19回】笑って生活の質UP!? 笑顔の効用

「笑う」ことについては多くの研究がされています。かの有名な「進化論」を唱えたダーウィンは表情に関する研究仮説の中で「笑顔とは気分の良いときの結果であるだけでなく、微笑むという行為自体が気持ちを上向きにさせる」と書き記しています。

2016.6.27

文:アスペクト比P

笑いのある透析生活を送りませんか!!【第3回】透析患者の笑いヨガの効果

最近では、笑うことが心身の健康増進や改善に有効であると注目され、笑いの効果についてもさまざまな研究が報告されています。

2016.6.2

文:種田美和

笑いのある透析生活を送りませんか!!【第2回】私が透析室で「笑いヨガ」を始めた理由

第1回目の「笑いヨガって何?」で、「笑いヨガ」がどんなものなのかご理解いただけたでしょうか。いつでも、どこでも、誰にでもできる「笑いヨガ」、「ハハハハ」「ホホホホ」と気軽に始めていただけると幸いです!私がなぜ笑いヨガを始めたのか?その理由を私のヒストリーを通してご紹介したいと思います。

2016.4.4

文:種田美和

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第16回】ながい治療生活 気分転換で息抜き

透析を始めて13年目に入りますが、正直な話日々の透析生活の中で何度も「透析に行きたくない」と思ったことや、どうにも嫌になって透析に行かずに大騒ぎになってしまったこともありました。

2016.2.18

文:アスペクト比P

笑いのある透析生活を送りませんか!!【第1回】笑いヨガって何?

ある化粧品メーカが20〜50代の女性800人を対象に調査を行ったところ、成人女性の場合1日に笑う平均回数は約13.3回で、就学前の子どもの30分の1以下だということが判明したそうです。また、年齢が上がるにつれて1日に笑う回数が減少していることも判明しました。

2016.2.1

文:種田美和

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第14回】ヘルプマークをご存知ですか?

慢性腎不全を患う透析患者さんやペースメーカーを埋め込んでおられる方、義足を使用されている方など日常生活の中で「助けて欲しいな…」「手伝ってもらいたいな…」という思いをされたことは多いのではないでしょうか。

2015.12.14

文:アスペクト比P

QOL向上と患者の本音 ― その1:アンバランスは患者のせいか?

清少納言の「枕草子」に、「もの尽くし」の表現がなされている。彼女のようには書けないが、形だけを借りて文章を書くのも一興であろう。「透析室に似合わぬもの」とかを。

2014.6.12

文:とっぺい

透析仲間の友人を増やそう ― その2:透析社会は社会の縮図《QOP向上のための私の楽校(学校)》

「群衆の中の孤独」という言葉がある。都会を歩く時、人であふれかえった風景の中にいると、急に強い孤独感や疎外感を味わうことがある。

2013.9.25

文:とっぺい

透析仲間の友人を増やそう ― その1:QOP向上は独力で上げるべきか

QOPの向上のためには、自分1人での努力も必要であるが、人が社会的動物である限り、人との交流を通してのQOPの向上がなければ、より豊かな透析ライフは送ることができないのではないか。

2013.7.30

文:とっぺい

おばあちゃんと手作りの透析教科書 ― QOP向上は構えなくてもいいのだ

看護学生の彼女がおばあちゃんのために作ったかわいいイラスト入りの「○○さんへ シャントについて」という手作り教科書を見せてもらった。

2013.6.9

文:とっぺい

QOPを高める必要性ありかもしれない

QOP “Quality Of Patients”(患者の質)という言葉が広がれば良いなと思っておるのです。QOPの向上のために。

2013.5.15

文:とっぺい

透析患者のこころを守ろう!

「しっかり透析」を行い、またしっかり「こころを守る」ことで自分らしい快適な「透析生活」がしっかり送れると思うのです。

2013.4.1

文:所長

患者同士の支え合い(ピアサポート)

第3回ピアサポーター養成講座開催レポート 〜新しい仲間が増えました〜

クリアコミュニケーションの藤田菜穂子さんに講師を務めていただき、「傾聴」に留まらない「話をただ聴くセンス(クリアリング)」と「相手が思いを整理して、考え行動し始める会話法」を、温かい雰囲気の中で丁寧にご指導いただきました。

2016.1.23

文:所長

腎臓病・透析患者ピアサポート活動「じんサポ」特別企画・ランチ懇親会を開催!

「悩んでいる仲間と共感し、寄り添い、気づきを与え、支え合う」活動、じんラボ心のサポート「じんサポ」の第2回を2月8日の日曜日に開催しました。

2015.2.19

文:よしいなをき

第2回「聴くチカラを学ぼう 腎臓病・透析患者 ピアサポーター養成講座」開催レポート

今年(2014年)6月に開催し好評いただいた「聴くチカラを学ぼう 腎臓病・透析患者 ピアサポーター養成講座」の2回目を、11月9日、16日の2週に渡り開催しました。

2014.11.27

文:よしいなをき

腎臓病・透析患者 ピアサポート活動「じんサポ」開催レポート

「聴く力を学ぼう」ピアサポーター養成講座を受講した3人のチーム☆スカイのメンバーが、実際に同じ腎臓病・透析患者さんの話に耳を傾けながら和やかに進みました。

2014.10.28

聞き手・文:よしいなをき

「同じ気持ちになれるから私たちは支え合える」Oruka's room 代表 大迫薫さんインタビュー

透析を受けながらカウンセラーを目指そうと思ったきっかけや、ピアサポート活動「チーム☆スカイ」に対する思いなど、数々のお話をお聴きしました。

2014.9.26

聞き手・文:よしいなをき

チーム☆スカイの仲間が誕生しました!

先日、「聴くチカラを学ぼう」腎臓病・透析患者 ピアサポーター養成講座が終了し、5名のチーム☆スカイの仲間が誕生しました!

2014.7.24

文:カオリ

話を聴いてもらうこと、話を聴くこと

最近よく耳にするようになった「ピアサポート」という言葉をご存知でしょうか。

2014.5.8

文:カオリ

睡眠

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第9回】睡眠の質を高めませんか?

透析室だとよく眠れるのに自宅に戻ると眠れないということはありませんか? 実は私もその1人なのですが・・・

2015.6.29

文:アスペクト比P

本・音楽・絵・写真

透析の友・本の紹介【11】いしいしんじ 著『トリツカレ男』

私は多趣味なところがあって、さまざまなことに興味を持つ習性があります。文章を書くこと、自転車乗り、図書館巡り、小旅行、写真、映画鑑賞、模型作り、料理、文房具集め…などなど。

2015.11.16

文:よしいなをき

透析の友・本の紹介【10】井上靖 著『しろばんば』

この本のタイトルをご存知の方は同年配の方ではないかと思います。昔、小学校の国語の教科書で読んだ方も多いのではないでしょうか。

2015.9.14

文:よしいなをき

透析の友・本の紹介【9】三浦しをん著『舟を編む』

私にとってはとても大切な国語辞典を題材にした小説を今回は紹介したいと思います。

2015.4.16

文:よしいなをき

透析の友・本の紹介【8】川上弘美著・『神様2011』

2つの掌編小説(短編よりも短い小説)が収録された本です。ページ数にして50ページしかありません。読み始めたらわずかな時間で読めてしまうと思いますが、心に残される衝撃は大きい作品です。

2015.3.9

文:よしいなをき

透析の友・本の紹介【7】平田オリザ著・『幕が上がる』

ここ数年都内の小劇場での舞台をよく観るようになりました。テレビドラマや映画とは違って、目の前の迫真の演技を観ることができるのが舞台の良いところだと思います。

2015.2.9

文:よしいなをき

透析の友・本の紹介【6】いしいしんじ著・『麦ふみクーツェ』

今回紹介する本は私の本当に大好きな作品です。いずれ自分の子供にも読ませたいと思っているのですが、なぜかいつも手元にないのです。

2014.12.4

文:よしいなをき

Life Bridge Japan いのちへの思いやりを広げるハートフルプロジェクト『第2回想いをつなぐアート展』作品募集のお知らせ

『第2回想いをつなぐアート展』が来年の平成27年3月13日(金)〜18日(水)に東京・吉祥寺のギャラリー永谷にて開催されます。

2014.10.31

文:よしいなをき

透析の友・本の紹介【5】眉村卓著・『妻に捧げた1778話』

私、よしいなをきは2003年から大阪芸術大学通信教育学部に籍を置いていました。文芸学科にて文章芸術を勉強していたのですが、この時の教授の1人に眉村卓先生がいました。

2014.10.2

文:よしいなをき

透析の友・本の紹介【4】春木繁一著・『続 透析とともに生きる 人生を変えた腎不全 精神科医 仕事と家族を語る』

先日、この本の著者である春木繁一先生が永眠されました。春木先生は透析患者であり、また精神科医として透析患者の心に寄り添う治療に取り組まれてきました。

2014.8.12

文:よしいなをき

透析の友・本の紹介【3】春口洋昭著・『透析ケア別冊 わかりやすいゼミナールシリーズ② 透析ナースのためのバスキュラーアクセス 春口ゼミ』

春口先生は日々さまざまなシャントの診察を行い、そのトラブルを治療する中で培った経験を透析スタッフに届けたいと本書を執筆されました。

2014.7.8

文:よしいなをき

透析の友・本の紹介【2】春木繁一著・『透析とともに生きる 腎不全からの再生 精神科医自らを語る』

人工透析黎明期から透析治療を受けられ、また自らは精神科医として透析患者のこころの問題に取り組まれてきた青葉クリニック院長・春木繁一先生が書かれた本を紹介します。

2013.10.16

文:よしいなをき

透析の友・本の紹介【1】吉村昭著・『冬の鷹』

この本は、私がシャントの手術を最初にした2005年の4月に、入院した大学病院で読んでいました。

2013.4.1

文:よしいなをき

性の悩み
恋愛・結婚

所長とそのツマの毎日

結婚して5年が過ぎましたが、出逢った当初感じていた「不思議と波長が合う」というのは間違っていなかったなぁと感じる日々を過ごしています。

2015.4.20

文:カオリ

『透析患者』の恋愛は難しくない!

透析患者さん、特に私のような若くして透析導入になった方は「恋愛」に関して悩みを抱えている方が多いように思います。

2013.12.30

文:だいちゃん

所長とそのツマのおはなし

みなさん興味のあるテーマだと思うのですが、語られることが少なく感じられるのが、この「恋愛・結婚」です。

2013.4.1

文:カオリ

海外にお住まいの方

オレゴンの透析クリニックを訪ねて

日本人にオレゴン富士と親しまれるMt Hoodを展望できる小さな街、Greshamの透析施設の見学へ行って参りました。

2013.5.9

文:のり

就業・社会生活

「世渡りナビ」をご覧ください

ご家族の方

腎臓病・透析患者さんに必要な配慮

家族全員で病気と向き合うことが大切です

もし、ご家族のどなたかが慢性腎臓病と診断され治療が必要になったり、透析治療をしなければならなくなったら、家族としてどのような配慮が必要なのでしょうか。

2013.4.1

文:じんラボスタッフ

お役立ち情報(その他)

災害時の対応

知っトク? こんな事〜患者・家族のお役立ち情報【第1回】腎不全患者の災害対策とは

地震・台風などの大きな自然災害だけでなく、ゲリラ豪雨などの今までの経験では考えられないような災害も増えてきました。

2014.10.17

文:アスペクト比P

家族・患者会

患者会ってなに?【第5回(最終回)】未来のために今から出来ること

「未来のために今から出来ること」というテーマで今から未来に向けて患者会で出来ること、やらなくてはならないことを書きたいと思います。

2014.9.1

文:アスペクト比P

患者会ってなに?【第4回】患者会の歴史と歩み

人工透析の歴史は第2次世界大戦の時代にさかのぼります。

2014.8.1

文:アスペクト比P

患者会ってなに?【第3回】病院患者会って?

患者さんにとっては一番馴染みがあると思われる病院患者会のお話です。

2014.6.26

文:アスペクト比P

患者会ってなに?【第2回】都道府県患者会とは?

47都道府県にある患者会の一年の動きを簡単にですが紹介したいと思います。

2014.5.30

文:アスペクト比P

患者会ってなに?【第1回】全腎協ってなに?

私は今、自分が透析を受けている病院患者会のお世話役と県腎友会で役員の一人としてさまざまな活動を行っています。この患者会関連の事を少しずつお話させていただきたいと思っています。

2014.4.30

文:アスペクト比P

最新の「生き活きナビ」
こんな情報が知りたい、私も何か記事を書きたいなど、「生き活きナビ」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください